« クリーニング屋さん大忙し? | トップページ | 物価が上がると思うなら「物価連動国債ファンド」がお勧め »

2014/05/21

傷害保険の「保険金をお支払いしない場合」が追加されてた

この前、とある損保商品のちらしを見ていました。
で、ちょっと目を引いたというか、目がとまったというか、気になったのが、

「保険金をお支払いしない場合が追加されました!」というところ。

ちなみに見ていたのは、団体傷害疾病保険という種類の保険です。

これ、損害保険=損保のひとつです。で、損保というのは、基本、「偶発的で突発的で外因的」、でないと保険金は出ません。(※「疾病」という言葉につられてフツーの病気でも出ると勘違いする人がいるので要注意ね)
つまり、「自分のせいではなく予測不可能で急激に起こった現象」が事故の範囲です。
で、追加されたお支払いされない場合というのが、

  ●入浴中の溺水
  ●誤嚥(えん)によって生じた肺炎

いろいろもめる場合があるんだろうな、、、、というか、
  「偶発的で突発的で外因的じゃないのででません!」
と言ってよくもめるから、追加された、、、、はず。

※(個人的には誤嚥性肺炎は急激じゃないと思うけど、入浴溺水はやっぱり事故じゃないのか? 変な気がする)
====

私もよく似た経験があります。似ているだけで全然違うと言えば違うのですが、、、、
「特定損傷特約」というのが売り出された頃に保険のおばちゃんに勧められて、この特約をつけたのです。簡単にいうと「スポーツする人とかにお勧めの保険です〜♪」ってやつ。(・・・骨折したら、5万円お支払いしますよ保険♪)

で、腱の断裂で3週間入院したのですが、この5万円、出ませんでした。
腱が切れるのと骨折は違うから。
正直、単純骨折より大変な手術だし、気分的には骨折と同じだし、「これも特定損傷の一つじゃないの?」なんて思っていましたが、約款通り出ません!

「ま、約款どおりだから分かるけど、ならそれを明示しておくべきじゃない?」
と文句つけときました。

3年後にパンフレット見ると、ちゃんと「アキレス腱など『腱の断裂』は対象外です」とかかれてました。・・・同じような人が多かったんだろうな、きっと。

たぶん今回の
  ●入浴中の溺水
  ●誤嚥(えん)によって生じた肺炎
もそのパターン。

====
先月だったか、保険金不払いのニュースがありました。(←過去の10年くらい前の話のやつ)
この数年間、損保も生保もずいぶん支払い基準が明確になったと思います。

例えば私が保険に入った頃の約款だと、「手術給付金」は手術の種類で5倍・10倍・20倍(日額1万円なら、5万/10万/20万)なんて決められていて、素人には細かい医学の手術の種類なんてわからないからずらずらと約款に一覧表が出ていて、、、、、どんどん新しい手術ができるし、よくもめていました。

最近は、「公的医療保険制度に基づく医科診療報酬点数表により「手術料」が算定される手術」なんていう表記に変わってきています。そして、金額も手術一律いくらとか何倍とか。
ずいぶん分かりやすくなりました〜(^_^)

でもはっきり書いておこう、平成一桁くらいに入った保険は、見直さない方が良い!(ことが多い)
でもこのころに見直しちゃった保険は、もう一回見直した方が良い!(ことが多い)
・・・境目は2000年くらい!

====

ちなみに、話が戻って悪いのですが、さっきの「特定損傷」。
別のけがで小指を骨折(ひび)して、5万円ゲット!
保険料の元取ってます。(^^)v
自分の体でギャンブルしちゃダメです、はい
   ・・・しかも今では特約はずしたし。
      特約保険料、月百円もしなかったと思うけど。
   

|

« クリーニング屋さん大忙し? | トップページ | 物価が上がると思うなら「物価連動国債ファンド」がお勧め »

FP-保険」カテゴリの記事