« 改葬許可証と離壇料300万とか(←あまり書いている記事を見ないし) | トップページ | 嵐山(京都)から斑鳩(奈良)へのサイクリング »

2014/05/14

企業倒産、数減少も代わりに、休業廃業が増えている

ちょっと前のニュースです。
東京商工リサーチの『2013年「休廃業・解散企業動向」調査 年間倒産の2.6倍』
http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20140210_03.html

グラフを貼り付けたいのですが、さすがに民間企業のデータを取ってきては著作権法違反なので文章で表しますネ。

倒産件数は年々減っています。でも、かわりに休業・廃業企業が増えてます。

2004年は、倒産16000件+休廃業14000件の合計3万件。
それが、倒産も休廃業も、徐々に増えて2008年(←リーマンショック)に合計4万件。

以降、倒産は徐々に減って・休廃業が代わりに増えて、合計はかわらず4万件のまま推移。

~~~~

バブルの頃、中小企業の社長さんが、祇園なんかで接待&交際費&経費で落とす。
こういうのが経済を牽引していた面が確かにありました。もう30年前くらいの話です。

京都なら祇園、大阪なら新地。(東京なら六本木、、、であってる?)こういうところで酒飲んで、ちょっと良い車なんかに乗って、小型プレジャーボートで釣りに行くか、泊まりでゴルフ旅行。あるいは現代版慰安婦旅行とかね・・・なんらかの憧れがあったと思います、それぞれの社長さんに。

でも今の世代、ジェネレーションギャップではないとは思いますが、
「それ、何が面白いの?」とかつての“遊び”に興味を持たない社長が増えてきた、っていう面も確かにある。

~~~~

さて、消費税増税にあえぐ(転嫁できない)中小企業。
上の資料では今のところ、景気は良くなっていないという数字みたいで、つまりは、余力のあるうちに「もぅ止~めたっ!」ってのが多い。

高齢化が進んで、「体力的に・・・」ってのも多いと思います。(個人的感覚です。私の周りではそういう小規模事業者をよく見かけます。)
「代替わり」ができない・しない。子どもにはさせたくない。こんなパターン。

アベノミクス3本の矢の「成長戦略」
この真価が問われる時期がやってきています。
この一年が正念場。失敗すれば次の消費税アップ8→10%が出来ないし日本経済は相当ハードランディングに陥ります。
(普通に成功しても、ソフトランディング。
 それを越えて成長するかって言うと、ちょっと厳しいんじゃないかと
 貿易赤字が増えて、経常赤字にまでなるとかなり日本経済は厳しくなりそう)

  ・・・TPPが吉と出るか凶と出るか? とっても微妙です
     しかし、TPP失敗なら、凶しか出ない。
     (TPPで大事なのは対中国です。中国の影響力を
      TPPでどれだけ抑えられるかが最大のポイント。
      ニュースがずれているのは誰かの策略か?)

|

« 改葬許可証と離壇料300万とか(←あまり書いている記事を見ないし) | トップページ | 嵐山(京都)から斑鳩(奈良)へのサイクリング »

ニュース」カテゴリの記事