« この夏の買い場は本当? | トップページ | 貿易統計20年推移、経常黒字が過去最低! その先にあるものは? »

2014/05/28

「飼い犬税」2000円→見送り(大阪の泉佐野市)

大阪府の泉佐野市で検討されていた「飼い犬税」一匹2000円案。
検討委員会が検討していましたが、導入困難として見送りの答申。
先週のニュースです。(読売オンライン)

========

犬の糞の後かたづけ!
私も実家で柴犬を飼っています。
田んぼの中の農道を散歩させると、あちこちに糞。
犬じゃなく、猫とか、いたちとか、アライグマかもしれませんが、たぶん、飼い犬。

あぜ道に「放置するな」の看板が立っていることもあります。
私自身、直接農家のおじさんから、怒られたこともあります。

「いや、俺じゃありませんって。うちの分はほれここに。」

ちゃんと説明するのですが、おじさんにとっては、犬を連れている人みんなが敵らしく聞いてくれません(;_;)。

========

世の中では、結構、自治体へ苦情があるらしく、いくつかの自治体で美化条例+過料1000円程度 が制定されています。いや、私だってもし、家の前に毎日、糞されたら、何か考えるでしょう。

さて、この泉佐野市、

もともと、2年ほど前に、市長さんが飼い犬税の検討を表明しました。
で、まずは、美化条例。その後、課税化(法定外税の導入)と言う流れで、ある意味、一つの結論が出ましたよ、みたいな感じ。

ネット検索するとこんな経緯みたい。

  2012年6月 飼い犬税導入の検討を表明
  2013年7月 ふんを放置 悪質な飼い主から過料1千円
        秋から5000円
 
  2013年11月 初の過料徴収 

  2014年2月 法定外税「犬税(仮称)」検討委員会
        一匹2000円案
  2014年5月 「犬税導入は困難」、検討委が答申

答申の理由は、議事録がまだHPでは公開されていないのでニュースに頼るしかありませんが、

 ・徴税コスト
 ・公平性   ・・・飼い始めたのがわからないから? 
           猫とかアライグマはどうする、から?

だそうです。

========

しかし、美化条例を作ろうが、飼い犬税を見送ろうが、
おそらく、フン被害の人は、いまだにフンガイしている毎日だと思います。

モラルの問題だけでも片づけられないし、、、、うーん。でも飼い主側の問題であることには違いない。

ペット可マンションでも、いろいろあるようです。
「エレベータ内でおしっこさせるな」「鳴き声がうるさい」・・・・

管理組合の結束力の問題でしょうが、だいたいこういうのは声の大きい人が勝っちゃいます。“お互いさま”の感覚をどれくらい共有できるかどうかでしょう。←でもこれが一番難しい。

========

  夫の供養は(遠いから)年一回。でも
  ペットの供養は(近いし)命日・お彼岸・月参り

こんな話も聞いたりします。逆に、

  GWになると、捨て犬が増える!(←旅行に困るから)
      >>>TV局や週刊誌

こういうニュースは、あっても出さないようにして欲しいなぁ。。。。

まぁ私もトータル3匹、合計30〜40年犬を飼っています。家族同然です。
それだけに、ちゃんと世話して欲しいなぁと。。。。。泉佐野にかぎらず。

※うちの15歳の柴犬、もう完全に認知症、感情がほとんど無くて、嬉しくても尻尾を
 振ることもありません。
    ←でも食欲だけはある。時間になればちゃんと出てくる。あとはベッドの中。
     両目失明して7年。平衡感覚がなくなって、約1年半。

 でも自分で食べている間はまだ元気なんだろうと思ってます。

|

« この夏の買い場は本当? | トップページ | 貿易統計20年推移、経常黒字が過去最低! その先にあるものは? »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事