« 「飼い犬税」2000円→見送り(大阪の泉佐野市) | トップページ | 厚生年金基金、約4割が解散の方向(ニュース) »

2014/05/29

貿易統計20年推移、経常黒字が過去最低! その先にあるものは?

学生の頃、日本は工業国! と習いましたよね〜
安い原料を輸入して、工業製品にして付加価値をつけて高く売る。
もうずいぶんと形が変わってきてしまいました。
     ・・・だって海外で作ってんだもん

国際収支の中でももっとも大事なのが「貿易収支」、その次が、「所得収支」です。でこのほか細かいものも合計したのが「経常収支」。

(グラフは、財務省公表の年度ごとのデータから。
(財務省トップページ>国際政策>関連資料・データ>国際収支状況>統計表一覧))

表題に、20年推移! と書いておきながら17年分しかありません。ちょっと盛ってます m(_ _)m 
経常収支が年々減少! で、かなり危機的状況、日本がんばれ!

Bouekitoukei2014

●貿易収支

まず、貿易収支。
これは良いですね。輸出額と輸入額の差です。

上の図のように、2007年くらいまでは順調に輸出が上回っていました。その差大体10兆円!
毎年毎年、10兆円の富が日本を豊かにしていたのです。
2008年のリーマンショックでちょっと貿易収支の差が小さくなりましたが、それでもまだプラス。でも、2011年の大震災で反転しました。
2013年度(平成25年度)は、10兆円を超えるお金が日本から出て行くようになっています。

大きな要因は、原発停止。これにより石炭・石油・LNGの輸入が増えています、しかし、これだけでマイナス10兆円なんて行きません。3兆円ほどです。
・・・つまり、輸出が伸びていない!

アベノミクスで、1ドル70円台の円高状態から、100円台の円安になりました。これで価格競争力がついて(3割安い日本商品となって)輸出がのびると期待されたのですがそれほど伸びていないという事実であります。

だって当然、皆さんこんな風に考えるでしょ。
「衣料品なんてどこもアジア製じゃん、電気製品だって、中国製、ベトナム製・・・
 あたりまえじゃん」って。

そうなのです、日本の海外工場で儲けたお金を、日本に持ってくる。これは貿易収支には入りません。次の所得収支です。

●所得収支

 「親会社が海外子会社からもらう利子・配当金」「海外に投資して、その配当金」
 
 もちろん、「個人でアメリカ国債買ってます」とか、「ベトナムの高金利定期預金作りましたその利子が入ります」とか、こんなのもここに入ります。
 海外向け投資ファンドを通して払われる配当もここ。
 当然外貨での儲けなら、日本にもってくるときに円安だと嬉しい♪・・・アベノミクスの真実(^^;) かも

●サービス収支

 国際輸送・海外観光(入る方も出る方も)、あと著作権とか特許権とかの収入
 ま、ここは、一桁小さいのでちょっと省略、グラフも描いてません。
 

以上、上の(1)〜(3)を足したのが  経常収支です!!
  ・・・日本の富が増えているか減っているかを示すわけです。

経常収支、このまま行けば、マイナス。日本の富が流出して日本はどんどん貧乏になる。

===
この先どうなるか? 個人で考えると分かりやすいです。(←ここ、おいらのオリジナルね♪)

普通のサラリーマンが、突然、無職になったとすれば、まずは貯金を取り崩します。
その次に、クレジットカードなんかの借金生活です。
変な話ですが、限度額が100万円で、毎月20万円クレカで買い物しても5ヶ月間は表面上そのまま暮らせるのです!!

日本の借金1000兆円! 超えてます。
  → こんなに借金して大丈夫なの? と思いますか、
それとも
  →まだまだ借金しても良いじゃん♪ と考えますか?

1000兆円が大きいか小さいか、これを考えるときに大事なのは、持っている資産であります。
「額面上は借金1000兆円あるけど、まだまだ現金化するものあるじゃん」
日本の資産はもっとあるから、まだまだ大丈夫! これが借金まだ出来る派の主張。

「バランスシート上は、まだまだ借金できる。それくらい日本には資産がある。」
 こういう人も多いです。確かに、片方の借金額ばかりを取り上げるのは正しくありません。
 ・・・・売れる資産もあれば売れない資産、売っちゃいけない資産もあるわけで。
     よくわからんのだよねー、実際のところ。

でももっと大事なことがあります。

「まだまだ貸してやろう」
こういう人がいっぱいいるかどうかです。
 ・・・・つまり、国債の買い手がいるかどうか、が大事

問題は、信用を失うとき! 
もう貸してくれる人(国債を買ってくれる人)がいなくなったときが大問題。ひょっとすると、実は今現在さえ、『虚構の豊かさ』の日本なのかもしれません。

※全然関係ないですが、帳簿上の資産って結構いい加減なんです。
例えば、各電力会社の原発って、今は帳簿上資産です。利益を生み出す大切な固定資産。でもこれから将来本当に利益を生み出すのか、あるいは、今後廃炉費用のかかる負債なのか、って微妙な問題だと思いません?
・・・だからおいらは帳簿上の資産なんて信じない。帳簿の資産はかなりいい加減。

※※海外からの投資が増えれば、国内のGDPがあがるという面もあります。今回それには触れてません。魅力的な日本作りも大事です。(←いやだからといって法人税を多少下げたところで、バンバン海外から投資がやってくるとは思えません。より魅力のある日本にしないと。。。。
「ショッピングモールの便所がウォッシュレット!」これだけでも相当な魅力ぢゃないか?(^^;) )   

|

« 「飼い犬税」2000円→見送り(大阪の泉佐野市) | トップページ | 厚生年金基金、約4割が解散の方向(ニュース) »

FP総合」カテゴリの記事