« 京都市バス・京都バス一日乗車券 | トップページ | 寄ってたかって「喫煙」補導?(京都駅) »

2014/04/04

太陽光発電とマンション(共通する投資思考;年金代わりにはならない? )

最近、と言ってもここ2~3年ですが、太陽光発電の広告がよく出ています。

 売電で、1000万円の収入!  ・・・こんな感じ。

正直、あまり細かい計算したことありません。で、投資という点、つまり元が取れるという点で考えるとどうでしょうか? 簡単に言うとすると、、、

  ・10年で元が取れる(上手くいけば8年くらい)
  ・その間に、災害&故障があれば損(保険はあるが収益悪化)
  ・それ以降、後半は、得になる
  ・隣接地に建物が建って日照時間が減るというリスクも

売電のちょっと詳しい広告を見てみると、結構綿密に月間の日照量から発電可能量を計算してくれています。10年または20年間の売電単価は決まっているので、計算通りに発電してくれればそこそこ投資回収できそうです。

でも10年も使えば、劣化もするしパネル自体も汚れてくる。それこそ黄砂や花粉の汚れだけでも発電量は1割2割減少しそう。・・・・ここが難点ですね♪

26年前に半導体の研究室を出た私が最近の事情に詳しいはずもありませんが、直感的に、10年後の発電量なんか半分くらい何じゃないでしょうか?(よく 知りませんが)

========

ワンルームマンション投資。
1200万円のマンションで、年間120万円の収入。=投資効率10%
ま、こんな広告がありますわな。
これだって、保険が必要だったり固定資産税があったり、実際の利回り7%でれば万々歳です。
だいたい、新築~数年間は、1割くらいの収益が出るのが普通。でもその後、
  ・大学が移転した、競合賃貸が増えた、住環境が悪くなった
こういったリスクで、空き家になれば一気に赤字転落。どんどん家賃の値下げ。
でも10%なら10年で、7%でも15年ほどで元が取れます。あとは得。

(一方価値が上がる逆の場合もあります。学校がやってきた、路線や駅が出来た、スーパーが出来て便利に、などなど。それにそれに、地価上昇!キャピタルゲインですね。そう! 不動産は、最後売却価値があるのです)

========

このように、マンション投資と太陽光は投資回収という点ではよく似ているところがあります。

で、マンション投資をされる方は、“年金代わり”にという方が結構いらっしゃいるのですが、当然、空き家になったら収入どころか出費ばかり(←少なくとも固定資産税と火災保険)。
同じ考えで、太陽光は年金代わりになるでしょうか?

これ、答えありません。太陽光なら約10年目以降は得になるし、マンションだって同じ事。
でもその分のリスクを抱えることにもなる。

マンション投資が有効なのは、【節税】です! 正直、投資回収じゃなく(年金代わりじゃなく)節税。長くなるので詳しくは書きませんが、相続税がかかる人、それも半端無くかかる人にはお奨めします。
でもこれ太陽光発電ではできません。(※)

どうせ、『1000万円、2000万円、銀行に入ったまんま! 10年20年塩漬け』、、、こんな人は検討に値するかもしれません。
あとは、太陽光発電という行為(化石燃料や原子力じゃないということに)にどれだけ魅力を感じるかどうかでしょうか?・・・実はこれが一番大きいかも?

※事業用宅地の相続税の軽減措置は一応あるにはあるけど限定的

|

« 京都市バス・京都バス一日乗車券 | トップページ | 寄ってたかって「喫煙」補導?(京都駅) »

FP-不動産・ローン」カテゴリの記事

FP-年金・老後」カテゴリの記事