« 今月は家計を見直すチャンスっ!消費税アップから半月 | トップページ | 高度成長期、老人の医療費はタダだった »

2014/04/17

企業の健康保険料の料率が、最高の8.8%に

大企業の健康保険組合の保険料が過去最高らしい。
(一昨日の日経新聞のニュースからです。)
どの保険組合も値上げラッシュで平均で8.8%(過去最高)になるそうです。

で、表題に「料率」という言葉を使いましたが、これ良いでしょうかね?

例えば、給料が10万円で、料率が10%だったら、1万円の保険料、ってこと。
ただし、原則労使折半です。(※厚生年金は完全に労使折半。保険料は労使のうち使用者が半分以上、が原則です。)

で、中小企業の人は、大抵、協会けんぽに入ります。こちらの料率は平均10%。
「大企業優遇」と数年前は盛んに叫ばれていましたが、

  日航破綻では、公的資金投入されるのにズルイと切り込まれ、
  電気料金の値上げに際して、各電力会社がズルイと切り込まれ、

だんだんと差が無くなってきています。

 中小・大企業・公務員、それぞれの最新の料率がどれくらいか? インターネットで検索するといろんな数字が出てきますが、そこそこ使えそうな数字が「首相官邸のHPの平成25年4月4日開催の第8回 社会保障制度改革国民会議資料」にありました。

 【被用者医療保険の保険料率】

      協会けんぽ 10.0 %
  地方公務員共済組合  9.36%
     健康保険組合  8.31%
  国家公務員共済組合  8.20%
  私立学校教職員共済  7.39%

==========

(上の数字をみると、若干私の記憶と違います。いつの間に公務員の料率が
 こんなに上がったの? 記憶では7%後半だったのだけど・・・まぁいいや)

 組合ごとに、「あっちはズルイ」と言うのも構いませんが、どの組合も近年ちょっとずつ上がっています。というのは高齢者が増えているからですね。
 組合から後期高齢者医療制度へ分担している上納金が、どの組合もその会計を圧迫している構図です。

  ・・・だって少子高齢化なんだもん♪

 突き詰めれば、
   →いったん、企業(健保組合)が集めて、高齢者に回すか、
   →消費税や他の税で、国庫に入れた後、  〃
   →窓口での負担を増やすか

くらいしかありません。というより、どんな医療体制にするのか? どんな効率化をするの? 同じ財政規模なら先細りになるのは、誰だって分かるし、そんなこと20年も前から言われていることであります。

==========

 先週、「3年連続、日本の人口が減少、4人に一人が65歳以上」というニュースもありました。今後の推計では、2.5人に一人になります。

 どうあがいても、私が老後になるときは、現在の半分の医療(半分の値段の医療)しか受けられません、、、、たぶん。それか消費税がもの凄いことになってるか。

 年金も医療も、何十年かけても話が進まないのはどうしてでしょう?
   ・・・みんなバカなのか?

|

« 今月は家計を見直すチャンスっ!消費税アップから半月 | トップページ | 高度成長期、老人の医療費はタダだった »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事