« 寄ってたかって「喫煙」補導?(京都駅) | トップページ | 経済復調!完全失業率3.6%(リーマン前の水準に) »

2014/04/07

私立大学、初年度の仕送り300万円(年収の1/3超)

東京地区私立大学教職員組合連合(東京私大教連)の調査結果。
時事通信が報道していたので、それを受けて他社でも報道されていました。

●2013年度に入学した関東の下宿生
  仕送り月額 8万9千円(過去最低を更新)

●保護者の平均年収は902万円
 初年度4〜12月の仕送り額の合計は 294万円
   年収の3分の1 !

====
今どきの若い人というと、効率重視タイプが多い、すなわち、
「それって何の意味があるの?」
「する意味、全然わかんないんだけど」
こんなことをすぐ口にしそうな若い人ほど、

「何のために大学に行くのか?」
なんていう疑問もなく大学に行っていたりして・・・ね。

ま、あえて古い話をすると、
  ・戦争中は国のために戦死するのが当然だった時代もあれば、
  ・田舎から都会に出て滅私奉公して働くのが当然だった時代もある

「何のために大学に行くのか?」
今どきだからこそ、大切な質問かも。←親も子もね♪

====
 
 「結局、退学したし、留学も途中で帰ってきたし、その後の専門学校も
  ・・・えらくお金かけたけどさぁぁ」
     こんな人も結構いたりするわけでして。(^^;)

 「数年間という時間」と「数百万円〜千万円のお金」がかかるのが大学生活。だからこそ、自分の人生にとって、それだけの価値のあるものにしてほしいなぁと思うわけでして。←親も子もね♪

|

« 寄ってたかって「喫煙」補導?(京都駅) | トップページ | 経済復調!完全失業率3.6%(リーマン前の水準に) »

FP-教育」カテゴリの記事

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事