« 消費税アップ→「社会保障と税の一体改革」覚えてる?(ちょい長文) | トップページ | ニュースいろいろ、(クリミア備忘録) »

2014/03/19

公示地価、3大都市圏上昇も、地方は7割が下落

昨日の国土交通省の公示地価。
つい地価公示と言ってしまうのはナゼ?←最初に間違えて覚えた(^^;)
公示地価は、1月1日時点の土地価格です。

新聞タイトルを見ると『 6年ぶりに、三大都市圏プラス!』と、物価上昇・デフレ脱却を意図したかのような見出しが多いのですが、平均値を見るとまだマイナスです。

三大都市圏が、前年比0.7%上昇と6年ぶりにプラス(上昇地点数は51.3%)
でも、地方圏では76.1%が下落地点。

         住宅地  商業地  全用途
   全国平均  ▲0.6   ▲0.5  ▲0.6 %
  三大都市圏   0.5    1.6   0.7


ということは、都市部が引き上げ、地方が足を引っ張っている状況ですね。

今年は、消費税アップの駆け込み需要 & 復興需要 & 東京五輪決定
  ・・・・ 特別要因が入りすぎています。

正直、将来の土地価格は、読めません。人口減を考えると下がるはず、でも、今の金融緩和を見ていると、バブル再来もおかしくないし、デフレ脱却もそろそろ。

このところのREIT指数は、1400~1500くらいをうろうろしておりますが、とりあえず、5月は駆け込み需要の分は、下がるんじゃないかな。その後がどうなるか???
(特殊要因を考えると、もっと上がっているかと思っていたのだけど、ね。)

==========

昔、やけに土地の値段を気にしている方がいらっしゃいました。

 「今後、土地は上がりますかねぇ」
 「買う予定とか、売る予定とか、あるんですか?」
 「いや、無いんですけどね。バブルの時に買った土地が半値だし・・・」

ま、こんな方は多いでしょう。半値なら良い方かもしれません。
バブルの頃は、京都市内でも、40坪の土地建物で、1億円近い不動産広告がちらほら出ていました。
でも今の広告には、5000万円の値段が出ていれば上等の方です。
  ・・・・だって、ローン組めないもんね。=>年間返済負担率
     もちろん、たまに、むっちゃ高いお家の広告もありますが・・・

==========
最近気になる現象?というか、傾向?があります。

「家を買うこと=幸せになる」と思っている人がいることです。家が買えないから不幸せ、だから 家・家・家、少々無理でも住宅ローンっ! こういう人。

これ、家に限らず、
 「結婚出来ないから、不幸せ」とか、「子どもがいないから不幸せ」とか
でもあります。
・・・・面白いことに逆を聞きません。「結婚したから幸せ」「子どもがいるから幸せ」
   (いや、あえて口にしていないだけなんでしょうが)

思考が短絡的になっているような、あるいは、(どこかの試験問題であるかのように)幸せになる解答を求めているような、そんな気がしてなりません。

 → その結果どうなるか? この答えは簡単です。
  「こんなはずじゃなかった!!」 であります。

人生いろいろ、多種多様。
それを、柳に風の如く、しなやかに&軽やかに&順応性・適応性よくうまく歩んでこそ、人生は楽しく過ごせます、たぶん。。。。あまり人のことを言えませんが(^^;)

とりあえず 「こんなはずじゃなかった!!」 は、避けたいものです♪

|

« 消費税アップ→「社会保障と税の一体改革」覚えてる?(ちょい長文) | トップページ | ニュースいろいろ、(クリミア備忘録) »

FP-不動産・ローン」カテゴリの記事