« 領収書の印紙、3万円→5万円からに(2014年4月から) | トップページ | 「啓蟄」なのに、寒すぎ(多角化・多機能化で本質が曖昧に) »

2014/03/06

奨学金!滞納者33万人、返還訴訟は8年で百倍以上

春から入学って方も多いでしょうか?

今や奨学金を受ける学生は半数以上ですが、「日本学生支援機構」(旧日本育英会)の滞納や返還訴訟が増えています。卒業後に返済できないから。昨年でしたか、国会でも取り上げられていました。

返済滞納者は増加、2004年度は約25万人 → 2012年度は約33万人
   (読売オンライン 小町ニュースより)

どんな感じで、訴訟になるかというと、

  延滞が9カ月を超え
 →簡裁に支払い督促の申し立て
 →財産を差し押さえ
 →訴訟に

(そのまえに、保証人への督促ってのもある)

訴訟に至った件数はというと

 平成16年度で  58件
   21年度は4233件
   24年度は6193件  (これは産経新聞 11月18日より)

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20140228-OYT8T00546.htm

【関連記事】
 ●奨学金の減額返還制度(年収300万円以下) (2012/07/11)

====
大学時代に奨学金を借りていたけど途中でやめた奴がいました。

「どうしてやめたの?」
「数百万円も、俺、たぶん返せない」

友人でしたが、就職して数年で会社を辞めて、音信不通になちゃった。

音信不通になる前に、
「会社作るんで、10万円くらい出資してくれないか?」
って頼まれたんですが、「出資はできないけど、祝い金をやる」で5万だかを渡して帰って貰ったことがあります。
・・・ルームシェアしてたほどの友人だったんだけどねぇ。今、何してるんだろうか? 元気なのかなぁ。

|

« 領収書の印紙、3万円→5万円からに(2014年4月から) | トップページ | 「啓蟄」なのに、寒すぎ(多角化・多機能化で本質が曖昧に) »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事