« 譲渡損の節税!ゴルフ会員権や絵画の損切りは、この春(2014春)までが得 | トップページ | 老いらくの恋;高齢者のデート詐欺 »

2014/01/29

かんぽ生命;貯蓄率の高い学資保険認可

先週のニュースです。

かんぽ生命、すなわち、日本郵政公社が分割民営化してできた会社。だんだんと、「いつ分割されたんだっけ」と思うくらいになってきてます。

で、民業を圧迫しない!とか、政府保証がある間はダメとか、不払い・未払い問題を先に片付けるべき!とか いろいろ難癖をつけられてきたかんぽ生命が、申請していた新しい学資保険、やっと先週認可されました。

これまで、かんぽの学資保険は保障が手厚い分だけ、戻り率が悪くて、、、、つまり払えば払うほど損をする保険だった(※それでも保障をメリットと考える人には良かったのだけど、往々にして古い学資保険のイメージで、得する保険だと思って入っていた人も多かった)

で、戻り率の高いほかの保険会社に、どんどん取られていたんですね。
ライバルと言えば、アフ●ック、富●生命、あたりでしょうか?

どんな商品詳細になるのかは知りませんが、どんなパンフレットができるのか楽しみ楽しみ♪
・・・・んでもね、国債利率が低い間は、そんなに得する保険ができる訳じゃない。
   学資保険が悪いわけでもなく、お奨めしないわけでもないんですが、
   定期預金の自動積み立てや、財形貯蓄の利便性(←いざと言う時いつでも
   簡単におろす事ができるという利便性)とも比較したいものであります。

要は、しっかり準備するかどうかの話で、実際にはそれ以前の問題が多かったりするのが現実であります。

|

« 譲渡損の節税!ゴルフ会員権や絵画の損切りは、この春(2014春)までが得 | トップページ | 老いらくの恋;高齢者のデート詐欺 »

FP-保険」カテゴリの記事

FP-教育」カテゴリの記事

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事