« 灯油価格10年推移、毎年1割上昇中(2013) | トップページ | 受験生、ガンバレ! »

2014/01/17

公的年金運用益が過去最高(18兆円)、それでも2038年に枯渇する

ちょうど一週間前の先週のニュース&記事。
公的年金の積立金に関する二つのニュース(それも正反対にちかいもの)がほぼ同時に出たのでおもしろいなぁと。

 (1)公的年金運用益が最高の18兆円 13年、株高で倍増
        日本経済新聞 電子版   2014/1/9
   ・・・ここ数年分の取り崩し分を1年で戻したという良いニュース

 (2)2040年の日本、衝撃のシミュレーション
     プレジデントオンライン  2014/1/10
   ・・・高齢化が進むので、今のままでは2038年に積立金が枯渇する

この手のニュース、気になるのでいつもチェックしています。以前チェックしたものといえばこれ。

【関連記事】
 ●年金の積立金が2031年に底をつく  (2009/05/11)
    ・・・これは、5年前の読売新聞ニュース

=========
他にも時々この関連の記事は見るのですが、
「今の制度のままだと、2040年~2050年くらいに破綻」と言っている人が多いようです。

   ・でも絶対に破綻しません!させません!
   ・でも今のままでは絶対無理!

この二つを両立させようとすれば、年金切り下げ・支給開始延期・大増税、しかありませんよね。

で過去の例を見ると、ずるずる~と引っ張って、最後どうにもならなくなって、
 「破綻しますか?」「2割減・3割減・半減でもいいから存続させますか?」
となるはず。
 ・・・・過去の例とは、
    GM、日航、東電 などなど (デトロイトはどうなったんだろ?
                  あれも年金削減を言っていたが)

年金積立金、今後あらたな荷物も抱えます。

 共済年金との一元化
   ・・・公務員のほうが途中退職者が少ないためか平均給付が大きい
      年齢構成が崩れる
 年金基金の3~4割を取り込む予定
   ・・・年金基金のうち弱小基金である3割ほどを厚生年金に組み込む予定。
      これ自体は荷物ではないのだけど、弱小企業が倒産したとき
      みんなで負担しあうという制度になる(代行返上する基金)

私は、2030年くらいに問題になると思ってます。
  「あと10年で破綻しますけど、どうします?」って。
それくらい身近にならないとみんな考えないでしょ。

それまでにアベノミクス第3の矢「成長戦略」が上手くいくかどうかにかかってます。

ところで、国が破綻しそうになったらどうなるか?
 →国債をもっと買って貰うような政策に変わるでしょう。時々話題になる「無利子国債」=相続税免除、なんかはその一つとも言えます。
 でもその前に平均寿命が下がるでしょう。医療も財政負担が大きいですから。

 まだ平均寿命延びてます、まだ大丈夫な日本です、たぶん。

 東京五輪くらいまでにマインドが変わるでしょうか? 変わってくれなきゃ困ります。

|

« 灯油価格10年推移、毎年1割上昇中(2013) | トップページ | 受験生、ガンバレ! »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事