« たまには歴史のお勉強♪ | トップページ | 有料ゴミ袋;冬至と日の出が最遅、は違うのか »

2013/12/04

どっちが良い?「団信がわりの生命保険」「素直に団信、生保はやめ」

住宅ローンを組む!
民間銀行ローンなら、通常は、団体信用生命保険への加入が義務です。というか団信加入できること=持病などがない、が一つの条件です。
フラット35なら、団信は任意加入。別途払って入っても良いし入らなくても良い。

で、最近は銀行窓口で保険も売るようになっていますから、
「団信はやめて、民間保険にすればどうですか?」

という売り込みがあったりするらしい。
銀行が手数料儲かるからですね♪

「10年更新タイプなら、月々の支払いは、団信任意加入より安いですよ。」
が売り文句。。。もちろん10年後には保険料上がります。

========ここで書きたいのはその話ではなく、表題通りの話

万が一の時にローンの負債が残る!
この事態を防ぐためには、生命保険か所得保障(年金や月々もらえるタイプ)の保険に入る必要があります。

1)普通、私は、まず、家を買う予定がいつか来る人=大抵は若い人。今は買わないけど将来買う予定がある人にはまず、生命保険を勧めます。(←持病を持つ前に)

2)次に、家を買ったら、団信加入を勧めます。(←ローン残高に応じた保険料だから安い)

3)その後に、生命保険(や所得保障)が足りない人に保障の減額を勧めます。
  もし、持病を持っている人は民間ローンが組めにくくなりますから、フラット35で
  団信なしを選ばざるを得ない。

で、悩ましいのが、30年ローンだけど、10年とか15年とかでローン完済する予定! ってやつ。保障が短くていいんですね。これなら民間生保で代替するのも検討のまな板に乗ってきます。
・・・・でも勧めない。まず、お勧めしません。

完済できるかどうかがはっきりしないからです。とくに小さい子どもさんがいるとか子どもを作る予定の時。。。。。団信の方が無難です。
サラリーマンも、過去、リストラや会社倒産、吸収合併、大きく返済計画が変わった人も少なくありません。

30年ローンだけど、確実に10年とかで返せる人、例えば、遺産が入ってくる予定だとか、暦年贈与で貰える、満期保険金が相当量あってそれで返す、とか、確実に返せる人でないと、団信の民間生保代替は、高く付くことが多い。それも場合によれば相当高くなって、「素直に団信にしておけばよかった」と思う人が多いと思っています。

※ちなみに、民間銀行ローンでも団信不要はあります。また、他の財産(定期預金や不動産←親とかのね)を担保に団信不要で借りるという場合も結構あります。

|

« たまには歴史のお勉強♪ | トップページ | 有料ゴミ袋;冬至と日の出が最遅、は違うのか »

FP-不動産・ローン」カテゴリの記事

FP-保険」カテゴリの記事