« 絶対失敗しない投資!ドルコスト法の威力! | トップページ | 2013年冬:年金、いよいよ下がる、まず1%(特例水準解消) »

2013/12/12

葛湯(くずゆ)でほっと一息(吉野の名産品)

ちょっと暖かさがあった先週ですが、またまた一気に寒くなってきました。
こんな時には、ココアかミルクティーか、『葛湯!』
先日実家に帰った時に頂き物の『葛湯』をちょっと失敬してきたのです。
創業170年の老舗、松屋本店の吉野葛『吉野拾遺』
  1ヶ120円也(←ネットで調べた(^_^;)) 缶ジュースと同じ値段ですね♪

Yoshinoshuui
問題は、説明書に書いてあるとおりに熱湯を注いでスプーンでかき混ぜても、すぐに熱湯が冷めてしまうのか葛湯独特のトロミが出ません。なので、電子レンジで30秒ほどチン。

口の中で、転がる葛湯のトロミと適度な甘さ。小腹が空いているような時にも最適です。

========

吉野葛。奈良県吉野地方の名産です。こちらでは有名なのですが全国区なのでしょうか?
昔々に2度ほど歩いたことがある金剛峰寺(吉野山)への参道。ここには、この手の土産物が一杯あります。みんな老舗です。吉野名物『柿の葉寿司』とか、腹痛に効く『陀羅尼助』丸薬とか。。。。

吉野の金剛峰寺。修験道の聖地です、たぶん。
南北朝時代をはじめ、明治維新の天誅組とかで、時々京都御所が怪しくなると登場する吉野地方。金剛峰寺は天皇ゆかりの寺として、結構おもしろいものがあるのだけど、イマイチよく覚えていません(^_^;)・・・俺、元々、理系だし
ちょっと交通の便が良くなくて、一般客としては参道を歩いて終わりなので、その後修験者のように山に登らないのなら、観光地としてはちょっと中途半端?・・・・行くまでの労力が必要だから。

奈良にも京都にも一杯お寺がありますが、でもここの参道は、古風な雰囲気がとても魅力的であるのは確かです。
気になる方は、まずは、グーグルマップ・ストリートビューでどうぞ(笑)
人混みが気にならないなら吉野桜のシーズンがベストです。

【関連記事】・・・ちょっと古いけど、紅茶編
 ●紅茶で至福、ホッとする一杯 (2009/11/30)

|

« 絶対失敗しない投資!ドルコスト法の威力! | トップページ | 2013年冬:年金、いよいよ下がる、まず1%(特例水準解消) »

その他の戯れ言」カテゴリの記事