« 日本の企業年金は、アメリカより半世紀遅れている(エリサ法) | トップページ | 診療所に行ったら、警察官が…(駄文) »

2013/12/18

タイガーマスク、ついに今年はいなくなった?

3年前の盛り上がりは何だったんでしょうね〜、ちょっと淋しい。

以前、お客さんの中に、NPOだかNGOだかに定期的に寄付されている方がいた。
「続けることに意味がある」と言われていた。
私の姪っ子もどこかに寄付しているそうだ。
私はというと、、、、たまにちょろっとだけ。。。。気分で。

========

タイガーマスク運動、今年はついに見なくなりました。ちょっと前、秋の台風だか水害だかで、一人か二人現れたように思っていたのでホッとしていたのだけど、とりあえず、今年のクリスマス向けのニュースは届いていないみたいです。

障害者の雇用率が増えているのは、かろうじて良いニュース。(←法律改正されたし、これもいろいろなとらえ方があるのだけどね)

========

とりあえず、サラリーマンにとって知っとかなきゃいけないのは、「所得税の寄付金控除」。寄付金したら税金が戻ってくる制度ですね。

最近では、市町村が「ふるさと納税、プレゼント付き」で頑張って取り込もうとしています。税金を払っている人にとっては、結構戻ってくるというか、払い先を変えられる=税金分をNPOに寄付、という形にできる制度であります。4割分だったっけかな。
注意点は、お寺の寄付(檀家寺の修理とか法事とか)や、私立学校の寄付金(入学時)は対象外ってこと。

相続税絡みで、税金取られるくらいなら寄付、という方も、いらっしゃるようで、こちらは時々ニュースになります。相続税というより、相続人がいなければ国庫に入っちゃうのですよね〜
おひとりさまなら、とりあえず、金銭信託(←最近信託銀行が力いれてます。手数料競争中で、500万円以上なら無料の所も出てきました)。
おひとりさまじゃなくてもかなり使えるんじゃないかと思ってます。

【関連記事】
 ●葬式代がおろせない! 新しい金銭信託 (2011/08/02)

|

« 日本の企業年金は、アメリカより半世紀遅れている(エリサ法) | トップページ | 診療所に行ったら、警察官が…(駄文) »

FP総合」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事