« 古いマンションの売却の税優遇(2016年末まで限定) | トップページ | もーいーくつ寝ーるーとー、お正月~♪ »

2013/12/27

旧姓に戻る!「復氏届」と「姻族関係終了届」

こんな届けがあったとは知らなかった(^_^;)・・・発見の毎日です♪

女性が結婚して、一般には男性側の性を名乗ることが多いですけれども、夫が死亡したら名前を戻せるか?

これ「復氏届」だそうです、役場に提出するだけで良い。
・・・・もちろん、免許証の書き換えや年金その他諸々、名義を変えなきゃいけません。

も一つあるのが、相手の親戚とも縁を切りたいというやつ。
ドロドロ風に言えば“舅や姑の扶養はしたくない!(扶養義務の解除)、あるいは、義兄弟で怪しげなやつがいる”とか、これが「姻族関係終了届」。
この届けだと、縁は切れるが、名前はそのまま。なので、「復氏届」と「姻族関係終了届」セットで(・・・・いや別にセットにしなくて、片方だけでも構いませんが)

========

FP的に言えば、夫の財産さえ貰えばいいや、という場合にはこのケースはあり!かも知れません。
(というより、それをするという方を耳にしたので調べた訳なのですが)
相続後なら、年金(遺族年金)もOK。

なお、あくまでも名前の変わった本人のみ(旧姓のある人のみ)で、子どもは別(←子どもも一緒なら裁判所の許可?がいるらしい)。

※済みませんm(_ _)m、知ったばかりでこの分野は疎いです。
 司法書士さんなんかにどうぞ。
========
ところで、「姻族」、この言葉の説明は良いですよね。
  自分の親戚が「血族」、配偶者の方の親戚が「姻族」。
  上と下は直系血族(祖父母から孫・ひ孫など)。

そういや随分前の話。夫の親が亡くなって財産を貰ったあとに、夫が奥さん側に名前を合わせるために、一旦離婚して結婚してた人が昔いたのだけど、あれも途中に復氏届があったんだろうな、そして多分想像だけど、姻族関係終了届もあったんじゃないのかな〜。

|

« 古いマンションの売却の税優遇(2016年末まで限定) | トップページ | もーいーくつ寝ーるーとー、お正月~♪ »

FP-年金・老後」カテゴリの記事