« JTBの宇宙旅行、20万ドルくらい | トップページ | 他人の請求書を開けちゃった »

2013/11/11

長野県建設業厚生年金基金ってAIJ問題でも出てた

先週のニュース,

  長野県建設業厚生年金基金 使途不明23億円。
  前事務長がタイで逮捕。所持金はほとんどなく、
  女性に貢いでいたか?

ってなニュースが出ていましたね。

長野県建設業厚生年金基金! なんとなく聞き覚えがあったので、右の欄の検索バーでこのブログを検索してみたら、こんなところにありました。

【関連記事】
 ●ニュースいろいろ(大したものはないぞ〜)、でも日本はどうなる? (2012/10/15)

#長野県建設業厚生年金基金さらに70億→20億に減少
#(AIJ年金消失事件)

# 信託銀行への行政処分。きっかけは表題のAIJ年金消失事件で、
#長野県の基金がさらに減っていたことが判明したため。東京の
#ソシエテジェネラル信託銀行、ユナイテッド投信投資顧問、
#スタッツインベストメントマネジメントに行政処分。
 未公開株取引での損失です。

このとき50億円の損失だから、今回の23億円はその半分くらいってことになるのですが、なんとなく、今回のニュースにだいぶ上乗せされちゃっているような気がします。・・・逮捕された人が一人で23億円つかったようなニュースになってるような気がしてなりません。(←根拠ありません。損失のうち大半が未公開株の損失で、その手数料分1割=5億円を関係者で山分けしたんじゃないかと思うので。で未公開株自体はきっとその筋に行ったんじゃないかと)

逮捕はうち、6400万円分の横領で国際手配。

=========
こういうのは、結局、かけていた当事者たちが被害を被ることになります(;_;)
基金が解散すると、公的年金に移ります、そのとき三階建て部分は解除(←お金余ってたらみんなで山分けだけど、お金がないから解散するのだからね)
次に2階部分である代行部分(本来国がやる分=基金が代行している厚生年金の一部分)、これは加入企業みんなで分担して国に返すことになりますが、この時へたすりゃ企業倒産が起こります。分担分が払えない企業

ここの年金基金に限らず、財政の弱い基金、全体の4割がこの10年間で解散対象になる見込み。
すでに解散のニュースが徐々に入ってきています。基金が解散を決めると3階部分がなくなり、普通の厚生年金になるのですが。ただすでに積み立て不足になっているところは問題を抱えることになるってこと、です。

【追記】 今後の基金がどうなるか?
すでに受給中の方の年金は、OBの2/3以上の議決がないと減額できません ! 法律で決まっています。

で、前に日本航空が破綻しました、この時、OBに対して、こんな事がありました。

 ・破綻するのが良いですか? / ・年金 最大2割減でも良いですか?

こんな議決を取ったわけです。
破綻寸前の基金がどうなるか? 2割減なのか3割減なのかは基金の中身でかわるでしょう。でも今後の行方としては、これが参考になるはずです。

追記【2014.8】

2013年度末で530ほどある年金基金のうち、
約4割の250基金が2018年度までに解散!
を決めているそうです。
 (毎日新聞ネットニュース  9月7日より)

|

« JTBの宇宙旅行、20万ドルくらい | トップページ | 他人の請求書を開けちゃった »

ニュース」カテゴリの記事