« 大卒・高卒、初任給調査(厚労省H25) | トップページ | 1ドル102円突破 (一行ニュース) »

2013/11/27

子どもが年末にできたら扶養で得!は過去形です(扶養控除まとめ)

年末調整の季節なので、扶養について書いておきます。
表題通り、以下は過去の物となってます、
 「子どもが年末にできました。
  扶養は1年分だから扶養控除で税金一杯戻ってきますね♪」

これ、今はありません。0歳から15歳までの年少扶養は廃止されています。
平成23年(2011年)から子どもの扶養控除は変わっていますので、FP目指して、古い教科書で勉強した方は、頭の中を修正しておいて下さいね♪
今の扶養控除のまとめです。

Fuyoukoujo3
図にはついでに、
「成年扶養(ニートや軽度障害などで扶養せざるを得ない子どもや親族)」
「老人扶養」(親の控除の方)
も描きました。>親切な俺♪

========

親切な私は、さらに、サラリーマンがこの表を見る時の見方をお教えします。
(サラリーマンに限らないのだけどね)

見方はまず、自分の税率を調べます!
でも知らない人も多そうですね。目安がこれ。

   低所得者で 5〜10%:新卒新入社員とか
   中堅社員で10〜20%:入社5〜10年目の扶養なしとか。扶養有りの課長とか
  部長クラスで20〜23%:ここは扶養=子どもの数で変わるけど年収1200万円とか

で、まあほとんどのサラリーマンは税率5%か10%か20%な訳ですね。

例えば、新たに、70歳の親を扶養するとなると、図から老人扶養48万円が控除されることがわかります。
 ということは 48万×5〜20% =2.4万円〜9.6万円 所得税が減る。
 
 同居の親ならさらに2割ほど控除が増えて(控除48万円→58万円)、税金が戻ってくるということ。
 
 で、ライフプランで結構大きいのが子ども19歳と23歳の境目(だって、勝手に控除額が変わるんだもん)。大学生を持つ子供に税金は優しくなっているのです。この境目には25万円の控除の差(38万円と63万円)があります。上と同様に計算すると、
 
      25万×5〜20% =  1.25万円〜5万円

 なので、この境目の子どもを持つ方は、
    子どもが大学生になった=>>> 数万円、税金が安くなる
 逆に、子どもが大学を卒業した=>>> 数万円、税金が高くなる 

※実際には、浪人したとか学校に行ってないとかにかかわらず、年齢で区切ってます。

だからこれを忘れていると、「今年の年末調整一杯戻ってきた」と喜んだり、「なんでマイナスなの、手取りいつもより少ないじゃん」と嘆いたりすることになります。
要注意ね♪

ちなみに、これらは住民税にも影響します。控除額が微妙に違いますが、住民税は10%。
 所得税が下がった人は住民税も下がるし、
  〃  上がった人は 〃 も上がる

住民税は翌年6月〜に変わります。(年末調整・確定申告の書類が自治体に回って6月に決定される)・・・・覚えておくと便利でしょ♪

======== 
【関連記事】・・・・古いのは間違ってたらゴメン m(_ _)m
 ●別居している親を扶養にする方法 (2012/08/03)
 ●子供の扶養になれますか?(毎月年金10万円・給与8万円のとき)(2011/11/24)
 ●親を扶養にすると、所得税はどう減る? (2008/01/16)
 ●親を扶養にすると、健保はどうなる? (2008/01/18)

|

« 大卒・高卒、初任給調査(厚労省H25) | トップページ | 1ドル102円突破 (一行ニュース) »

FP-相続・税・離婚」カテゴリの記事

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事