« 長野県建設業厚生年金基金ってAIJ問題でも出てた | トップページ | 違いが分かる? 破産と破綻・給料と給与;日本語講座その2 »

2013/11/12

他人の請求書を開けちゃった

ちょっと前、半年か1年ほど前の話。
携帯電話会社から、見慣れない色の圧着ハガキがやって来ました。
ぺろっと開けると、なんと請求書。いついつまでに払え! とか

よく見ると、部屋番号の違う人のハガキでした。丁度、その前の週にオプション契約を変えたので、その確認ハガキかな、っと思ってたのです。

「うわっ、どうしよ、これっ」・・・・皆さんならどうします?

焦った後、冷静になって考えた私の選択肢は4つ。

 1) ごめんねメモ用紙を付けて、正しい郵便受けに再投函
     ・・・・知っている人だったらこれを選んだのですが、あいにくと
 2) 知らぬ顔で、正しい郵便受けに再投函
     ・・・・でも開封されてたら嫌だろうな、どんな人か知らないけど
 3) 誤配送でしたと、郵便ポストに
     ・・・・再配達か、差出人かに行く
 4) 知らぬ顔で、ゴミ箱に!
     ・・・・悪だ!

ちょっと悩んだ末に、5)携帯電話お客様センターに電話しました。
もちろん私も同じ携帯会社なので番号はすぐ分かります。(ちなみにauです)

「請求書の再発行お願いしたいんですが、でも、私のじゃなくて・・・・」

事情を言ったら、別の人に変わりました。おそらく上司かなにか。こちらから、
1)は嫌で、2)か3)にしたい旨を言ったら、向こうから新たな提案。

すぐに返信用封筒を送るから確実に返送して欲しいと。その上でもう一度すぐに再発行で送ると。

もちろん了承しました。すぐに送られてきてすぐ返送しました。

========

圧着ハガキを開ける前だったら、「郵便屋さんまた間違ってるよ」で正しい郵便受けにポン、で済んでいたのに、めんどくさいことしちゃったなぁと少し反省。

開封前に宛名はきちんと確認しましょうね〜♪

しかし、どこでもそうですが、コールセンターの「なになにのご用件はプッシュホンの1を・・・」ってやつ、よくわからんですよねー。理解するのに3回も掛けてしまいました。
「その他のご用件は・・・」があるととても嬉しくなります。auコールセンターにもあればいいのに。

|

« 長野県建設業厚生年金基金ってAIJ問題でも出てた | トップページ | 違いが分かる? 破産と破綻・給料と給与;日本語講座その2 »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事