« ギャンブル化する宝くじ!BIGは10億円、ジャンボは5億+2億円 | トップページ | 大卒・高卒、初任給調査(厚労省H25) »

2013/11/25

消費税引き上げ後の住宅! 年収510万円以下なら貰える「給付金10〜30万円」

家を買うと、お金がもらえるという施策、ちょっと前に車を買うともらえたり、エコ家電でもらえたり、それの住宅版みたいな施策です。最大30万円!

消費税増税で、住宅販売が落ち込むことに対する経済対策ですね。それも、低年収ほどメリットがあるという経済対策、その名も「すまい給付金!」。

基準がちょっと難しくて、
夫婦と子ども二人(中学生以下)のモデル世帯で、
     目安
   年収510万円以下 なら 10万円を給付
   年収475万円以下 なら 20万円を給付
   年収425万円以下 なら 30万円を給付

ちょっと難しいのは、年収で区切っているのではなく、扶養人数も考慮している点です。年収から扶養控除や色々引いた残りの所得、これにかかる住民税で区切っています。正確に言うと、住民税で線引き! なのです。(物件の方ではなく収入の方で見ている点がめずらしい)

物件は、新築・中古どちらでも構いませんが、条件があります。
共有名義だと割合に応じて計算するとか、床面積が50平米以上であることとか、フラット35適応できるくらいの住宅性能であるとか。

なお、さらに消費税が上がって、10%になるときは最大50万円の給付の予定になっています。

詳しくは、「すまい給付金」で検索を!

※これとは別に、消費税が上がると住宅ローン減税も10年間×20万円→40万円に拡充されます、最大200万円の差。建物+インテリアの価格が3000万円としても×3%アップで90万円。(←ちなみに土地には消費税掛かりません)。どっちが得かというと、消費税が上がってからみたいに単純には思えます。(どれだけ所得税を払っているか・ローンはどれくらいかによりますね)
注目は地価と金利がどうなるか? です!! とくに金利はなかなか先が読めません。

|

« ギャンブル化する宝くじ!BIGは10億円、ジャンボは5億+2億円 | トップページ | 大卒・高卒、初任給調査(厚労省H25) »

FP-不動産・ローン」カテゴリの記事