« 高齢者スポーツブームが来るのかな? | トップページ | ネットショップ(店側)は、クレジット利用よりポイント使用が有り難い »

2013/10/21

早期償還条項付き債券が流行っている?

なんか最近ややこしい金融商品があります。昨年くらいからでしょうか、「早期償還条項付き」という商品がやたらと目につくようになりました。
丁度先週もメールがやってきたのでHPを覗いてみました。
早期償還とノックイン条項付きの社債。社債と言いながら株価に影響される社債です。
どんな商品化というと、
  「見た目、利率がいい」のだけど、
  それを得るには株価や為替相場が一定範囲でないとダメ、

という金融商品。

これ、まず100万円だすと、その時の基準の株価が決まります。
   その後、その株価に応じて利息が変わるという商品。

========
【例】
 早期償還条項付 株式転換条項付 円建社債 10.5%
  利払い 年4回

 各利率決定日の株価(各年4回)が、
 (1)(当初価格×85%)以上の場合:年10.5%
 (2)(当初価格×85%)未満の場合:年 0.1%

 ただし、早期償還の条項がついています。
  ・年4回の利率決定において、株価が(当初株価×105%)を越えていたら
    (額面+その分の利息)で償還して終了

 ノックイン条項での償還もあります。
  ・一度でもノックイン判定水準以下になった場合(当初株価×70%)は
     時価で償還
  
・・・つまり、償還されず利息がもらえるのは、70〜105%までの範囲で株価が推移する場合。

========
結局、 株価が 85%〜105%なら  10.5%の利率
        70%〜85%なら   0.1%の利率

ノックイン70%以下に一度でもなると、おそらく損切り=その時の“時価”で、
     105%以上になっていたら、その時の“額面”(つまり100%)で
終了。

なんか金融機関が他人の金で株を買って、
  ・下がれば時価で償還(0.1%の利息はやるが、株リスクはお前だぞ)
  ・上がれば俺に儲け(105%で売って、5%は俺の儲け、お前は利息やってたんだから良いだろ)
  ・そこそのとき(株価推移が85%〜105%の時)だけ、お前に10.5%の利率で良いじゃろ♪

これ、2年債ですが、2年間10.5%もらえば約2割の収益です。でも金融機関は5%の儲けしかないから損になります。でもどこの会社でも良いですが株価チャート見てください。2年間の株価が85%〜105%の株ってそうありません。
ということはまず、10.5%の利率がずっと(といっても最大2年だけど)出るとは思わない方が良い。

つまりは、「目新しさで資金を集めたいんだなぁ、手数料稼ぎたいんだなぁ」
という商品、ですね。
  『他人の念仏で極楽まいり』(←最近の若い人には無理な日本語?)
  『他人のふんどしで相撲をとる』(←こっちなら大丈夫か?)
みたいなそんな早期償還条項。
(というより、なんか表題だけ良さそうな雰囲気だけだして、お金集めちゃえ、みたいなそんな感じ。)

ま、悪いものじゃないとは思いますが、シンプルじゃないという点では全くお奨めできません。
普通に株を買うか、債券を買うかの方が良いと思います。
(単純なノックイン条項付きなんかだと、「ま、半分博打ですがどうですか?」とも言えますが、これはちょっとややこしすぎる)

|

« 高齢者スポーツブームが来るのかな? | トップページ | ネットショップ(店側)は、クレジット利用よりポイント使用が有り難い »

FP-銀行・株」カテゴリの記事