« アメリカ予算案が通過しない、政府機関が閉鎖 | トップページ | 住宅ローン金利;フラット35の5年間の推移(2013) »

2013/10/04

10月4日は投資の日

本日10/4は投資の日です!
マスコットキャラクターは「とうしくん」という可愛い牛ちゃん。
  >誰も知らんがな

昨日のニュース。来年、介護・医療施設向けのREIT(不動産投信)が立ち上がるらしい。
REITはもう標準語になりつつありますが、民間資金をREITを通して、供給するというもの。

資金の流れ! 30年前は、何をするにも銀行や信用金庫がお金を貸し出し、それで事業をして利息を払う、、、、これは今でも主流です。

でもこの30年間で、企業の資金調達方法は、株式発行などの増資、債券発行、ファンドを通じた資金、いろんなお金の流れが出てきました。
で、企業は利益が出れば、   株式なら→配当
               債券なら→利息
               ファンド→分配金

でも、個人一般でみると、株価や基準価格が上がるかどうかが注目の的ではないでしょうか?
インカムゲインとキャピタルゲイン、の違いですね♪ ・・・違いが分かりますか?

  配当や利息など、定期的に入るお金 → インカム・ゲイン
  有価証券の価値 → キャピタル・ゲイン

分かりやすいようにワンルームマンション投資で言うと、
   不動産の価値が上がるのがキャピタル、
   毎月の賃料がインカム
   
長期投資では、両方を見ないといけません。
そして、ここが大事なところ、「税金と手数料」です!

税金と手数料がどうなるか?
投資には税金の話が必ずついて回ります。
どうしても今は低成長ですから、(今月発行の個人向け国債の3年債なんて0.1%です。)年率で1%の儲けが出れば万々歳の方。バブル期みたいに、1割増し、2割増し、10年で2倍3倍なら少々手数料払っても納得も出来ますが、今の時代では大事な視点が「税金と手数料」なのです。

※定期預金で7%、それを元手に銀行が貸し出してみんなハッピーだった高度成長期というのは、ある意味すごい時代だったということですね、はい。その後のバブルってなんだったのか?(^_^;)

========

とまあ、「投資の日」という題で何を書こうかと思い悩んだ末に、
投資知識の普及に、ほんのちょっと耳かき一杯分くらい貢献した! ということにしておこう♪

|

« アメリカ予算案が通過しない、政府機関が閉鎖 | トップページ | 住宅ローン金利;フラット35の5年間の推移(2013) »

FP-銀行・株」カテゴリの記事