« うちの柴犬(症状は進行中) | トップページ | 「一見さんお断り!」と「新規入会大歓迎!」のビジネスモデルはどちらが正しい? »

2013/09/02

ネットショッピングではクーリングオフは効かないよ!

気合いを入れて、ネットショッピングっ!とか、ついうっかり見てしまった!とか

  「うぉー、三つ買えば送料無料っ」とか
  「最終セール、1万円均一」とか
ついつい、“買い物カゴ”をクリックしたりしませんか?

で、洋服ならサイズが違ったとかで返品したい!
これ、ネットショッピングでは、クーリングオフ効きません。ご存じでしたか?

ただ、特定商取引による表示が義務づけられていて、
どんな場合に返品が可能か、何日以内なら可能か、返品の送料は?
などの返品に関する項目を記載することは義務づけられています。
で、大抵は、「製品の不良品の場合のみ」とか「未開封の場合」など
となっていると思います。

最近はサービスの一環として、サイズ違いの変更を無料(それも送料込み)で受け付けるネットショッピングなどもできてきていますが、実物を手にして目で見て確認できないリスクは原則『こちら持ち』です。

元々、クーリングオフは、訪問販売で考える時間もなくうっかり契約してしまった! ということを防止するための制度。だから、ネットショッピングでは適用外なのです。
ネットショッピング以外にも、いわゆる通信販売、すべてこれに該当します。

「色合いが思っていたのと違った」
ファッション系の販売では相当あるようですが、返品・交換に応じる所、応じない所、セール販売だからダメというところ、いろいろあるようです。
(で、通常価格が書いてあるけどいつもセール販売でしか売っていないネットショップも結構ある。そのうち、公正取引委から不当表示で指導を受けると思うぞ!)
========

話がずれかけました。
クーリングオフの期間のまとめです。

 ○訪問販売(キャッチセールス等を含む):8日間
 ○電話勧誘販売:8日間
 ○特定継続的役務提供
 (エステ,語学教室,学習塾,家庭教師,結婚相手紹介サービス,パソコン教室):8日間
 ○連鎖販売取引(マルチ商法):20日間
 ○業務提供誘引販売取引(内職商法,モニター商法等):20日間
 ○訪問購入(押し買い! 業者が消費者の自宅等を訪ねて,商品の買い取りを
  行うもの):8日間
 
      参考;京都市消費生活総合センター
        「京(みやこ)・くらしの安心安全情報」第70号
  http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000154403.html

もっとも、例外もあります。そもそもクーリングオフ書面が渡されていなかったらとか、健康食品のうち一袋だけ開けて残りを返品したいときとか、、、、。

この手の相談は、まずは、「消費生活センター」へどうぞ
========

送料こちら持ちなら、「返品、サイズ交換」を結構自由に出来るネットショップも増えてきていますので、それがフツー! なんて思わないようにね♪

千円・二千円の商品ならともかく、1万・2万、5万・10万の商品は、「買い物カゴ」に入れる前に、どんな時に返品できるか是非、確認しましょう。

|

« うちの柴犬(症状は進行中) | トップページ | 「一見さんお断り!」と「新規入会大歓迎!」のビジネスモデルはどちらが正しい? »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事