« 税務調査で大事なのは“資金の流れ” | トップページ | 対外直接投資額、日本の中国離れ(世界貿易投資報告) »

2013/08/07

ブラック企業・派遣・内定率低下、草食系金銭感覚の若者が増えている

少し前、どれくらい前かというと、20年ほど前。
バブルははじけていました。でもまだ余韻が残っていた頃です。

そう、住宅購入で言えば、「史上最低の低金利」と言いながら実はまだまだ下がって繰り上げ返済と言う言葉がはやった頃。
そう、金融業界は再編の嵐が吹き荒れていたけど、一方で携帯やネットバブルも出てきていた頃。

 この頃、私は「世の中の不景気は高齢者がお金を使わないからだ」と思っていました。
年金不安、健康不安、生活不安、、、、3000万円の退職金があっても怖くて使えない。
だからお金が回らなくて不景気なんだと。

 個人金融資産1400兆円の7割は高齢者が持っています。だからこの「高齢者がお金を使わないから不景気」、これは今でもあっていると思っています。
 これをなくそうとすると、将来の不安が減らないと、なかなか使う気になれないでしょう。

で、本題です。若者の話。
表題にしたように、若者の取り巻く労働環境は非常に悪くなりました。
非正規問題、ついこの前まで、内定率低下が盛んにニュースになっていました。
今でもその余韻は多分に残っています。
で、晴れて正社員になれて、できれば一生その企業で働きたいと思う人がいても、そんな就職戦線を見てきた彼ら彼女らが、怖くてお金が使えない。
こんな草食系金銭感覚の若者が増えてきているように思います。

 25年前(つまり私が大学を卒業した頃)は、社会人になってローンやクレジットを組めるようになると、車を買ったり、オーディオ揃えたり、大型プロジェクターを買ったり(まだ大型液晶はありませんでした)、、、、今から考えると、さほど初任給は変わらないのに、無節操にお金を使う人が多かった。
 これが今は違う。自動車はいらないし、液晶テレビはローンを組むような値段でもないし・・・しかもテレビそのものもいらないし、とか。 

「でも将来が不安だから、貯金しています。3000万円」(40歳)
「  〃            〃      退職金入れると6000万円」(55歳)

こういう人が増えています。

新たな獲物を見つけに行く肉食系ではなく、今ある牧草地で、
「全部食べ尽くさなければずっとそこで食べていけるやん、それで十分やん」
と考える草食系若者&壮年が増えている、そんな感じ。

====

ただしっ! 一方で、住宅ローンで失敗する人が増えています。
一度に50万円以上の金を使ったことが無い人が、いきなり、4000万円もの買い物をする。・・・だから、失敗する。
住宅ローンのリスクが変わってきているように思います。

  昔;1位)収入減のリスク(残業カット→リストラ)
    2位)教育費増大リスク(子供が成長するから)
    3位)返済額増大リスク(変動金利で借りた人)
今は順番が入れ替わって、
2位、3位、1位、になっちゃったんじゃないかと。

 草食系の違いは、おそらく将来に良いメリットがあるでしょう。老後リスクが今より格段に減っているんじゃないかと思います。そんな兆候を感じます。

====

 大した結論ではありませんが、一言で言い切ります!
「将来の年金不安が、日本の経済を低迷させている。」

昔は、退職金を貰った高齢者が不安を感じていましたが、これがどんどん低年齢化してきている。この結論だけを見ると何を今更! なのですが、それを感じることが多いのです。

|

« 税務調査で大事なのは“資金の流れ” | トップページ | 対外直接投資額、日本の中国離れ(世界貿易投資報告) »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事

FP総合」カテゴリの記事