« 失業率6月は3.9%に改善(20年推移;2013) | トップページ | プリペイド・金券が使えなくなったら »

2013/08/02

百貨店が倒産すると? 全国共通商品券のまれなトラブル

ご存じですよね、 全国百貨店共通商品券!

贈り物や自分へのご褒美にちょっと大きな買い物をするときには、買い物前に、百貨店の近所や駅前にある金券ショップに行って2%引きくらいで買うと、帰りにコーヒー代くらいが浮いてくるという百貨店の商品券。全国共通であるがゆえにほぼ現金同様に使えて非常に便利な代物なのですが、その 発行元 なんて皆さんチェックしていますか?

実はこれ、百貨店が“倒産すると”に関係しています。
百貨店が倒産する事なんてあるのか? 

 ・・・あります!

  2000年 丸正(和歌山)   自己破産  
  2000年 上野百貨店(栃木) 自己破産
  2001年 大黒屋(福島)   自己破産 
  2001年 松菱(静岡)    自己破産 
  2002年 松屋(福岡)     民事再生 
      (※東京の松屋とは関係なし)
  2004年 諏訪丸光(長野) 会社再生  
       その後、まるみつ百貨店として再生を図るも
       2011年断念
  2011年 都城大丸(宮崎) 民事再生
      (※大丸松坂屋とは関係なし)
  2011年 中三(青森) 民事再生
     (日本百貨店協会のHP、およびWikipediaより作成)

発行元が倒産すると、商品券の価値はなくなります。以後使えません。
それが証拠に、もし上の百貨店発行の商品券を金券ショップに持って行くと分かります。買い取ってくれませんから。
百貨店で使わないのか>俺
   ・・・いや普通に百貨店で使おうとしたときにもチェックされると思いますけど

というわけで、現金同様と思っていたものがその価値を失うというまれなトラブル?の話でした。

|

« 失業率6月は3.9%に改善(20年推移;2013) | トップページ | プリペイド・金券が使えなくなったら »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事