« 百貨店売上高、持ち直しているけど弱い(長期で見た場合)2013 | トップページ | うちの柴犬(症状は進行中) »

2013/08/30

住宅着工、持ち直しているけど弱い(2013)

ニュースでは、消費税増税の駆け込み需要で、住宅販売が伸びているとか、
銀行の住宅ローン争奪戦とか、そんなニュースが流れていますが、
どれくらい家が建てられているかというと、これ。月次で見てもまだまだ本当の景気回復には見えません。
(グラフの出典は、国交省の建築・住宅関係統計データのうち、「新設住宅着工件数」より。)

Jyuutaku2013

確かにこの4年ほどを見ると、途中に大震災を挟んでいますが、その影響も少なく、全体としては持ち直しています。
サラリーマン給与が減っている中では伸びていると言って良いでしょう。
でも2008年のリーマンショック前から見ると、まだ戻っていない感じですね。(まだ、月次で10万件に達していないし)

今後、消費税アップが近づくにつれて若干駆け込みがあるのではないかと思っています。でもご存じのように、ローン減税が拡充されると、中にはあとからの方が得する人もでてきそうです。(←※家は損得じゃなく、必要か必要でないかで買ってくださいね♪)
========

もっと伸びていると思っていましたっ!
近所でも家が建ってきているし、街をあるいていてもあちこち工事しているし、ひと頃よりはかなり動いてきているなっと思っていたのです、でもグラフを見る限り、ニュースでがんがん流れるほど、景気が回復しているとは思えません。消費税増税に向けて見えないバイアスがかかっている? いや消費税増税だからこそバイアスがかかる?

(と、昨日の百貨店売上高の記事文面を半分くらい使い回して書いてしまいました、
  ちょっと手抜きですm(_ _)m 
 さてこれから、増税による過去込み需要がどれくらいありますかね?)

【追記】本日、最新7月分の発表が国交省よりありました。(上のグラフは6月まで)
    なので、数字のみ追加。

 2013年   件数   前年比
    4月  77,894    5.8%
    5月  79,751   14.5%
    6月  83,704   15.3%
   7月  84,459   12.0% (←グラフにありません)

|

« 百貨店売上高、持ち直しているけど弱い(長期で見た場合)2013 | トップページ | うちの柴犬(症状は進行中) »

FP-不動産・ローン」カテゴリの記事