« トータルリターンから見た、おいしいファンドの正しい見方 | トップページ | 右足を微妙に負傷:イタイしカユイ »

2013/07/26

マンション売却の業者選び:“査定で高い所”なんて無意味だぞ

マンション売却!
 いくつかの不動産会社の合い見積もりを取って、
  一番高い査定を出したところでマンションを売る!

これ無意味です。

何が無意味かというと、合い見積もりを取って“高い所を選ぶ”という点。

だって買うのは業者じゃないんですから、「買い手」が買うんですから。

で、専属専任契約じゃなければ、不動産ネット情報に流すだけだから、買い手の客はどこからやってくるか分からない。(どこの不動産屋に引っかかるかわからない。)
よほど情報力がある不動産なら、専属専任も考えるけど、普通の家庭用マンション&京都市内ならネットに載せる方が有利と私なら考える。

========

住宅建築と込み。つまり、マンションを売ってその代金で新築住居を購入、なら、大手業者なら、融通することがあります。あるいは大手でなくても、「この価格なら絶対売れる」と自信のある値段で予定を組んでいる時。

 「最初3000万円から毎月100万円ずつ下げていって、半年経っても買い手が見つから
  ないなら2400万円でうち(業者)が買い取りを保障します。」

(ちょっと前までは、契約&手付けから完成して決済&引渡まで半年間かかりましたが、最近の家はあっという間に出来ちゃいますね、はい。)

ぎりぎりの予算・期間で、新築物件の予定を組んでいると前に書いていたようなことになります。

【過去記事】
 ●マンションが売れずにローンが払えない! (2013/05/16)

========

まだ私は自分のマンションを売った経験がありませんが、おそらくその時、合い見積もりを取るでしょう。でも見たいのは値段じゃない。

売り手を捜してくれるかどうか。誠実そうなところかどうか。
あとでトラブルにならないかどうか。
こういう観点で見ます。おそらく「ここで契約しよう」と思った直前には、不動産会社何度も足を運ぶでしょう。
  ・・・・・窓口や電話応対で雰囲気がわかりますから

   何千万円のお金が動く契約です。
スーパーで野菜買うのとは違います。
腐っているから交換して、ができません。

ちなみに、親族売買やお隣さん売買でも、不動産会社を通すことを奨めています。
「腐っているから交換して」が出来ない分、何かあったときに業者の責任が追及できるように手数料分は保険だと思っています(手数料=価額の3%+6万円)
(隣地境界とか抵当権とか、登記簿面積とか、こんな調査を業者はしてくれるのだから、、、と不動産業者の宣伝をしておこう♪)

言うまでもないことですが、業者選びが一番大事ですよ、
  何かあったときにに水に流せたり、
  逆に、些細なことで、ものすごーく嫌な思いをしたり、
  あとあと、「あそこは失敗だった」なんて後悔するようだと一生引きずります


|

« トータルリターンから見た、おいしいファンドの正しい見方 | トップページ | 右足を微妙に負傷:イタイしカユイ »

FP-不動産・ローン」カテゴリの記事