« 生活保護215万人、5年ぶりに減少(2013年4月分) | トップページ | 区役所での行列、国保窓口が大混雑 »

2013/07/12

「子どもだからでは済まされない」自転車事故で9520万円の賠償請求

先週のニュースです。
テレビでもあちこちで取りあげられていました、私は見ていませんが(^_^;)

  神戸の小5の乗った自転車が、下り坂を20〜30キロで降りてきて
  67歳の女性と衝突。今も寝たきり、の損害賠償裁判。

神戸地裁は、少年の親に監督義務を果たしていなかったとして、
  ・女性の夫(成年後見人)に3520万円
  ・損保会社に6000万円
の支払いを命じた。

========

小5と言えば10歳くらい。この自転車事故にどれだけ親の責任があるかってのは非常に微妙です。で、そこはさておき気になるのが、損保会社の分の6000万円。

これたぶん責任賠償保険じゃないかと思うのですが、なぜに支払い義務が? 何のために保険入っているの? って感じです。(←上級審に行くのならここは覆して欲しいと個人的には思っています。地裁はそこまで故意の過失を認めたってことなんでしょうが)
【2013.7.14修正】
読売新聞の記事でわかりました。
ケガをした本人が入っていた傷害保険の保険会社からの請求でした。
これならなんとなく分かる。

======== この流れで、思うことは、スマホ自転車

最近、スマホや携帯を持ちながら運転している恐〜い自転車いませんか?
もちろん、大人!! こういう自転車と自分の運転する車が衝突したら・・・

今までは一般的には弱者保護、前方不注意で、自動車の方が責任が重い。
でも今後は、ながら運転の方に過失が認められるようになる。
ま、ケースバイケースでしょうが、そういう流れであるという事はいえるでしょう。

自転車事故による高額賠償。ときときニュースになっていますが最近増えています。私もMTBを乗っているので気をつけなければいけません。

  昔、急に飛び出してきた高校生の自転車とぶつかりそうになりました。
  こっちは「ぶつかるっ!」と身構えたのに、
  高校生は、ひょいっとすり抜けるハンドルさばき。
  ・・・・・反射神経の差を感じた一瞬。

自転車も交通法規を守ってね♪
(でも小5の子に、軽車両は道路の端を走ることを指導すべきか、歩道を歩くようなスピードで走るようにと教えるべきか・・・・・道路に出た途端、大人も子どももない、そんな判決?)

(余談)損害賠償を理由に破産はできません!
不法行為による損害賠償請求は、破産認定における一般の債務とは異なりますので、通常は破産できません。ただし、破産決定後に免責認定をうける場合はあります。
(他人のカメラを落として壊しちゃった、(別の理由で破産決定を受けてから)カメラ分も免責してねと後から認定される場合、とか)

|

« 生活保護215万人、5年ぶりに減少(2013年4月分) | トップページ | 区役所での行列、国保窓口が大混雑 »

FP-保険」カテゴリの記事

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事