« 食事という幸せ(春編) | トップページ | 円高進んでる、100円突破。NY株は反発138ドル高 »

2013/06/03

ヤマト運輸の震災寄付は、142億円

 今さらではあるのですが、「東日本大震災の義援金」でニュース検索してみました。

 すると、割と最近のニュースが、2013年4月11日の読売新聞で出ていました。
 東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島の3県に国内外から集まった義援金は、少なくとも4123億円に上る。厚労省によると、日本赤十字社、中央共同募金会、NHK、NHK厚生文化事業団の4団体に寄せられた義援金は3649億円。(2月末現在)

 ということでした。

=====

 なぜ今頃、これを検索してみたかと言うと、クロネコヤマトのホームページを見たからです。
そう、丁度、ネットショッピングでお買い物して、荷物番号のメールが来たのでヤマト運輸のHPにアクセスしてみたら、トップに震災寄付のことが出ていたのです。

「宅急便1個につき10円を寄付する」という活動、
  
寄付金の合計は、約142億円

 震災直後、芸能人やら富豪と言われるような社長さんがポケットマネーで1000万円とか1億円とか10億円とか寄付したとか、企業も1億とか10億円寄付したとかのニュースが溢れましたけど、ヤマト運輸のこの取り組みは、

 “継続的であり、かつ、利用する側・される側の共同作業であり、かつ、規模も大きい”

という3点でもの凄くよく考えた取り組みであったと思います。(この取り組み自体は昨年で終了)

 そして、規模が大きいのに、ほとんどニュースにならなかったなぁ、という残念感。きっとヤマト以外にも地道に活動している企業もあるのでしょうが、なんだか最近ニュースは偏っているなぁという残念感も多分にあったりするし、こんなほっとするニュースをどんどん出した方が世の中のためになるんじゃないかと思ったりします。
(なんか最近、揚げ足取りみたいなニュースが多すぎます。)

|

« 食事という幸せ(春編) | トップページ | 円高進んでる、100円突破。NY株は反発138ドル高 »

ニュース」カテゴリの記事