« 東証REIT指数15%安! 調整中(2013年5月) | トップページ | 国債の金利が上昇すれば、家計にどんな影響があるか?(ビギナー向け) »

2013/05/16

マンションが売れずにローンが払えない!


  半年以内に今のマンションを売却する予定で、
    ちょっと無理にローンを組んでしまって、
      でも希望価格で売れない!

月15万円の支払いで、マンションの代金が入れば、月10万円になるように繰上返済するつもりだった。月5万円×6ヶ月分は余裕をもっていた。
でも、いつまで経っても売れない!・・・・こんなこともありますわな

不動産を売りたい時は、結局は「どこまで下げるか・どこまで待てるか」の話に帰着します。不動産投資に長けている人は、熱心かつ気長に物件探ししています。

========

マンションに住んでいると、「売りたい人、査定します!」
こんなチラシが良く入りますよね。不動産屋さんは物件動かすことで手数料を手に入れる商売ですから。(手数料3%+6万円)
で、査定価格は当然高めの設定になります。できればこんな価格で売れればいいなという価格、これを近隣相場をもとに出します。
で実際に売る時も、高く売れる方がよいですから、高めで広告を出して、2か月後に1割引、さらに2ヶ月後に1割引、みたいな形で徐々に値段を下げていきます。

でも、売り急ぎたい時にはこれができません。

========

昔(というか多分に今も)、売れ残り新築マンションも同じような感じでした。
業者はお金を借りて、マンションを作って、売ることで、資金を返済して利益を出します。
だから売れ残り2000万円のマンションが5部屋で1億円! 月々の金利だけでも数百万円になるから少々値引きしても現金を手に入れたいと考えるわけ。

========

私が今の中古マンションを買った時は、
「引渡90日後、条項」が入っていました。決済後、そのお金でむこうが次の物件のお金を支払って、(建築確認済みを取って登記をすませた後)引っ越しするので「決済後引渡まで時間が欲しい」という物件。

こういう物件、値切れるんですよ♪ 
相手は家を建築中で早く引越したいんだもの、焦っているんだもの(^_^)
ま、実際には偶然なのですけど、見た瞬間に「値引き交渉しやすい物件だよね」なんて思うわけです。一つの要素になります。


不動産を売りたい時、結局は
  「どこまで下げるか・どこまで待てるか」の話に帰着する!

覚えておくと便利かもしれません。(でもあまり使う機会はないですね)

|

« 東証REIT指数15%安! 調整中(2013年5月) | トップページ | 国債の金利が上昇すれば、家計にどんな影響があるか?(ビギナー向け) »

FP-不動産・ローン」カテゴリの記事