« 国債の金利が上昇すれば、家計にどんな影響があるか?(ビギナー向け) | トップページ | 自動車保険「事故後3年ペナルティ制」導入へ »

2013/05/18

少年は大志をいだき、大人は夢を捨てていく(駄文・雑文)

いろいろな格言・名文を探してきました(←B型人間の特徴)・・・そんな言葉の羅列。

---------------

Boys, be ambitious
有名な北大(札幌農学校)クラーク先生の言葉ですね。

少年よ、大志を抱け!!  良い感じです。

大志ってあまり使わない言葉だなぁ、他に何かあるかなぁなんて考えました。

  夢、努力、友情、勝利への道

なんか雰囲気良いですよねっ。こういう言葉。私、大好きです。
なんだか少年ジャンプ(漫画)の掲載方針みたいですけど。(※)

※最近知ったのです。漫画作品に「努力・友情・勝利」のうち最低一つがないと少年ジャンプは掲載しないらしい。
 
========

『あなたの夢を描いてみよう♪ ライフプランワークシート』

ま、教材にはこんなことが書いてあったりして、私はそれでもって仕事しています、でも夢には2つあります。
   子供の考える、可能性無限大の夢、と
   大人の考える、実現可能性のある夢。

前者は、「夢」物語と同じ意味合いの「夢」。後者はどちらかというと「夢=希望」という意味合いです。だからそういう意味では、

 「夢を一つ諦めるごとに、大人になるんだよ」・・・現実をよく見なさいよって
  
私が言ったら身も蓋もありません m(_ _)m ゴメンナサイ
でも論語にもあるじゃないですか、

 歳さむくして、しかるのち、松柏のしぼむにおくるるを知る。
 (寒い時代にときこそ、本当の姿が分かる) 

あれもこれもそれも、「二兎も三兎も追う者、一兎をも得ず」なんてなってはダメ。
そもそも、兎なのか鼠なのか象なのか、追いかけているモノが分からないばかりか、そのうち何か、罠に引っかかるだろうなんて単に待っているだけの人もいる。
なんて言ったっけ。  株(くいぜ)を守りて、兎待つ  (意味違うかも)

で、何が大事なのかというと、現実を直視しながらとっておきのヤツだけ残しておく。
これがライフプラン作りの極意です。夢は夢、現実は現実、それを通して本当の姿。

======= 格言シリーズ、続けます。

少欲知足 という言葉もありますね。

 仏教用語です。7年ほど前に知りました。
 (過去記事 ●ニーズ(Needs)とウォンツ(Wants) (2007/01/12)

欲望は無限だから、足ることを知りなさいという有り難いお言葉。
もし、自分が全然違う世界にいた時、本当にそれが欲しいのか。今欲しいのはもしかしたら、雑誌に出ていたからとか、みんなが持っているからとか、、、、、例えばチベットの山奥とか南極の端っこにいたとしてもそれが欲しいのか、、、、、幸せは金で買えない、この時の幸せは欲望と密接です。

「お前は高級腕時計ブライトリング、本当に欲しいのか? それで幸せになれるのか?」
    (・・・・やっぱ欲しいんだけどね(^_^;)  幸せになれそうな気がする♪)

まあこういうのは、本当の幸せではないわけです。少欲知足=足ることを知りなさい、でもって、この言葉の凄いのは、「我慢しろっ」じゃないところです。
「足るを知る」・・・知るってことは難しいんですよ本来。知識として知っているじゃなく、実感する使いこなせる、そういう「知る」なのですね。

で今の困難な日本の状況をみてどうすればいいのか。
雇用・景気・為替・復興・少子高齢化・エネルギー問題・温暖化問題・TPP・食糧・・・・
最近はもう一つ問題が増えました!!
 「人口減少」時代です(←これが問題なのかそうでないのかは議論の余地があると思うけど)

=======

いずれにせよ悲しいことに、何かと困難な時代です。で、そんな時には
なんでもかんでも、疑ってかかれ人の言うこと信じるな! ってことだと思います。
誰かに任せていたらとんでもないことになっちゃう時代。
でもって、疑うのは自分自身です。

これからの日本で大事なのは、自分自身で考えて行動する、ということ。
幸いにも日本の教育水準は高いです。
受験で「小論文」を学習した人は少なくともその時には必死になって「自分自身で考えていた」はず。

  ◆これからの暮らしはどうなっているか800字にまとめなさい。
   今これが問われているわけですね。

今の時代は、どうなるんだろう?これでいいんだろうか?間違ってなかったか?、などと迷いや惑いが多い時代。
論語によれば、「知者は惑わないそうです」(知者は惑わず、仁者は憂えず、勇者はおそれず)

だから「知」。知識や智恵や教養を存分に使いこなすこと。それに基づいて行動すると言うこと。
これがおそらく重要になる、と思っています。

=======

私の仕事で言えば、
単に、「大きな家が欲しい〜お金が欲しい〜」なんて言っている間は、子供が飴玉欲しがっているのと同じ。
「知」を発展させて「現実を直視し、論理的に考え、無理なモノは無理と諦め、あるいは、他を我慢するという選択と覚悟」、それと同時に、「諦めたり我慢することが不幸なのか、いやいや、本当の幸せはそこじゃない!」、こういうことを判断するためにライフプラン作りがある。
例を挙げると
  『家買わなきゃ良かった、ローン苦しい』
     こういう方々がどれくらいいることか、逆に
  『家買って、通勤大変だけど楽しいです、頑張って働けます』
     こういう人も大勢いらっしゃいます。

=======

  少年は大志をいだき、大人は夢を捨てていく

なーんだか偉そうな事かいちゃいました。正直私も悩んでいます、迷いが多いです。
迷いが多い分、まとまりの悪い文章です、小論文なら不合格になりそうです、済みません。

いろいろな本をひっくり返して書いてみました。

参考  「なぜこんなに生きにくいのか(南直哉著)講談社」
    「こども論語塾その2(安岡定子)明治書院」
     wikipedia クラーク先生の項、少年ジャンプの項

|

« 国債の金利が上昇すれば、家計にどんな影響があるか?(ビギナー向け) | トップページ | 自動車保険「事故後3年ペナルティ制」導入へ »

その他の戯れ言」カテゴリの記事