« 日経株価が急落1143円! 13年ぶり | トップページ | 少しばかり多忙、のため…週三日に »

2013/05/27

「競馬の儲け-はずれ馬券」裁判、実質勝訴

日本ダービーは、キズナの優勝でしたね♪ 単勝一番人気、オッズ2.9

さて、先週の裁判のニュースです。
3年間で29億円の馬券を買って30億円儲けた人の脱税裁判です。

経費は、当たり馬券の馬券代だけなのか、それとも
    他のはずれ馬券も含まれるか
という裁判。

国税局の主張は、約5億7000万円の脱税、
本人の主張は
 「口座にそんな金が入っていたことは一度もないし、
  一生かかっても払えない額を課税するのはおかしい」

 という裁判・・・・主張としては、ものすごく頷けるぞ、俺

わかりやすく書くとすると、

  「100円の元手で、1万円を手に入れた、9900円の儲け。
   でも、はずれ馬券が9000円分ある、これが経費として
   引けるかどうかという裁判です。」

で難しく税法上で書くとすると、一時所得か雑所得か、という裁判であります。

大阪地裁の判断は、はずれ馬券も経費に認めるという結果。雑所得です。
1億4千万の儲けに対する所得税=約5千万円払いなさい、という判断です。
(税額が5億円からはだいぶ下がりました、すでに7000万円払っていると言うことですから戻ってくる?)

【追加2013.5.5】
 地検は、判決に不服として控訴!!
  ・・・・結構意外でありました。というか、最高裁まで
     行って確定してから法律改正の道をたどりそうな
     気配です。

==========

今回のポイントは、本人が『継続的に馬券を購入していた』ことがポイントだと思います。単発ではなく随時かつ広範囲に、「事業のように」利益を受けていたという点。
だから、はずれ馬券も経費として認められた。

逆なら、すなわち、大多数の人の場合は一時所得です。一時所得は保険金満期(の儲け分)などの臨時所得と合計した後、50万円控除があって1/2。さらに、所得20万円以上の時に課税ですから、臨時所得が競馬だけなら、90万円以上儲けてしまった人が、所得税の対象です。(はぁ。。長い。。普通の人は良く分からんですよね)

同じようなことが、たぶん、ネットオークションでもあると思います。
100円で買ったものが、なんらかの価値が付いて1万円で落札された。
「儲け9900円」に課税なのか、それともこの人が「事業のように」オークションを使っていたか、、、、つまり在庫分の経費計上をどうするか?
という問題に似ているような気がします。

もっとも、オークションは通常の参加者は、買ったときの値段よりも安い価格で落札されますよね、中古として。
事業としてオークション販売している人もいるけど。

======

ところで、年金は雑所得だけど、継続的に馬券を買って損している人は、所得通算できるのか?
 ・・・たぶん出来ないんだろうなぁ

|

« 日経株価が急落1143円! 13年ぶり | トップページ | 少しばかり多忙、のため…週三日に »

FP-相続・税・離婚」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事