« 投信の分配金を、固定資産税に(補足=お勧め投信の例) | トップページ | 人生には無駄が多い(とある列車の場面編) »

2013/05/01

私の心のリセット・リフレッシュの仕方

GW楽しんでいますか? リフレッシュしていますか?
でも週が開ければ・・・・・

現代生活ではなかなか心を休ませることが出来ません。気分が落ち込んだり、ストレスが溜まったり、チョー忙しくてそんなことすら考えられない状態だったり、1000円クイックマッサージで束の間の安らぎすら求められない、ときもありますよね。

かく言う私もそうなのですが、それでも何とかして心をリセットしたいそんな場合に私が行っているリセット法。

1.【昔の趣味をもう一度やってみる】

 ギターを取り出して、ポロンポロン・ジャカジャカジャカと弾いてみる。
 元々そんなに腕がないから、適度にやらないとどんどん腕が落ちていきますからそのリフレッシュも兼ねています。
 
 昔、感動した本、心が少し騒いだ本を読み返してみる。
 2度読みだと、半分くらいの時間で読めます。3度目だとものの15分くらいで気に入った部分だけ読めるようになります。爽やか系の恋愛もので感動的なシーンだけ読み返してみたり、少し重めの哲学思想系では、頭の中のぼやけた疑問や論点が少しはっきりしてきたり。深く突き詰めるわけではなく、軽く心のリフレッシュ、そんな気分が取り戻せたりします。
 
 CDを一枚取り出す。
 「あれっこんなの買っていたっけ」「これ発売待ちわびて買ったんだよね」
 中には、なんでこんなCD買ったんだろってのもあるのですが、買った当時のことが思い出せればそれはそれで懐かしかったりします。

【2.店屋を歩き回る】

 無意味に商業ビルや百貨店を歩くことがあります。そこで新たな発見を探します。
 やけに人気の出ている商品を見つけると、つい、どこが作っているんだろう? 株買えば上がるかな? と全体売上げとその商品の寄与度、なんてものまで考えてしまうのは少しほかの人とは違うかも知れません。純粋に遊びで頭の体操です。
 お客さんの方を見ているときもあります。飲食店に来ているのは女性客ばかりだとか、
1階化粧品売り場は私には興味のない世界ですが、若い客層・高齢層・オールマイティ、いろんな客層がいて、かつ、売り子さんがまた綺麗です。結構いろんな発見があるのですが、ジロジロ見るわけにも行かないし不審者に間違われないようにぐるっと一周だけして終わり。これも何か発見できるかな、と頭の体操です。

 でも最近は売り場を彷徨く以前に、変化が早くて困ります。少し見ない間に全然違う売り場に変わっていたり、ヘタすれば店やそのものが無くなっていたり。チェックしようと思っていたところが消滅しているととても悲しくなります。
 
【3.本屋を歩き回る】

 本屋は情報の宝庫です。気分が良ければ、3時間くらい時間をつぶしてしまえる人であったりします。
 新刊本、教育関係(←いまだと学校教育系でしょうか)、技術系(←これは最近ご無沙汰してる)、メンズ雑誌に株投資系、それに奥様系雑誌(←節約記事も好きなのですが最近料理系も触手があったり)。
 中古本書店であるブックオフの大型店も大好きです。大型書店より狭い売り場面積であるのに、いろんな種類がいろいろあって、中古であるがゆえに価格が安く、未知領域の本でさえ気楽に手が出せるというのがこれまたよろしい。最近の映画は昔のマンガのリバイバルも多くて、その昔のマンガをチェックするのも使えます。

========
どれもそれほどお金を掛けていない!♪
  というのが今回の話題のポイントでしたっ。
皆さんも、いろいろ見つけて発見して楽しんで下さい。

|

« 投信の分配金を、固定資産税に(補足=お勧め投信の例) | トップページ | 人生には無駄が多い(とある列車の場面編) »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事