« 孫の世話が大変なじぃじ・ばぁば | トップページ | 老々介護の金銭的支援(家族介護慰労金:年10万円) »

2013/04/16

日銀、地域経済報告(さくらレポ)、すべてで上向きだけど

円安・株高で、投資家がお金持ちが豊かになって、高級品が売れているというニュースが多いです。
でもこれ、円安で輸入品が急に値上がりしたから、「今のうちに」という客が増えただけの気がしてなりません。

お金持ちは、株価上がったから豊かになったからといって、ホイホイとお金を使うほどバカじゃないと思います。(そりゃ、株安よりは良いに決まっているけどね。)

ニュースに違和感を少しだけ感じる今日この頃。
(誰かが、世論を誘導しようとしている? それとも単純に報道が薄っぺらいだけ?)

====

そんな中で、昨日の日銀の支店長会議の報告。
4月の地域経済報告(さくらリポート)、9地域すべてで今年1月の 前回報告から景気判断を上方修正したすべての地域で景気上向き! 全地域↑向きは、9ヶ月ぶり。

で、景気判断というと、

  1.回復
  2.持ち直し
  3.底堅い
  4.横ばい
  5.下げ止まり
  6.弱含み
  7.弱い

これら1〜7を、断定したり・〜の動きが見られる、とつくのが日銀の景気判断。
昨日のニュースでは、すべての地域で上向いた=小さい数字の表現になったということ、であります。 (弱い→弱含み、でも上向きなわけ。)

===

確かにひと頃より活気が出てきているようには見えます。でも本当の景気回復なのか、将来の需要を先取りした一時的なものなのか、まだ不明。(というか今、エコポイントで需要を先取りした家電メーカー状態のような気がしてなりません。@復興需要以外・・・これは期間が少し長いから)

もう一押しっ!

今後、賃金の伸びがどれくらいあるか? これにかかっているでしょう。
皆さん、残業増えていますか?
(丁度、ユーロ圏がいま、この状態。回復しそうでしていないのと同じです)


やっぱり、株高で高級品が売れていると言い切ってしまうニュースにはもの凄く違和感があります。言ったもん勝ちか?

|

« 孫の世話が大変なじぃじ・ばぁば | トップページ | 老々介護の金銭的支援(家族介護慰労金:年10万円) »

ニュース」カテゴリの記事