« 通信費;公衆電話にモジュラージャックが付いていた頃 | トップページ | 孫の世話が大変なじぃじ・ばぁば »

2013/04/12

リフレ模索中なのに、牛丼値下げ競争 280円時代

インフレにするぞ! 物価2%あげるぞ! と政府が言っている中で、牛丼価格競争が再燃しました。
というより、一歩遅れを取っていた吉野家が参戦した、という感じ。

現在の牛丼・牛めしの並盛り値段は、
  すき屋  280円 (4/12まで250円)
   松屋  280円 (4/15まで250円)
  なか卯は 290円

で、吉野家、380円!

頭ふたつ分くらい飛び出していたわけです。割引券を一生懸命配っていたけどチカラ及ばずだったのかな?
(でも私、つい吉野家に行ってしまいます。何が違うというわけじゃないんだけど、なんか落ち着くし。)

で、吉野家が値下げ280円! 100円も値下げ! 4/18〜。
  (並盛)380円 → 280円
  (大盛)480円 → 440円
  (特盛)630円 → 540円

牛丼、英語で書くと、beef bowl


お持ち帰り!
英語圏に行くと、Take-outより、TOGOの方が目に付きますね。
「TOGO」「togo」てあちこちにあって、トーゴーさんって凄い人? なんて思わないように♪(←月極駐車場で、月極さんってあちこちに駐車場持っているんだ♪ ってやつと同じ)
 
ちなみにドイツ語だと、ミットネーメン mitnehmen。 (mit=with、 nehmen=take、すなわち、withtakeで一つの単語となっているような動詞) 。 

====

しかしまあ、300円で牛丼が食える時代ですね。
先日3年ぶりくらいにマクドナルドに行ったのですが、(←普段はモスかロッテリア)
100円バーガーに100円コーヒー、合計200円で小腹が満たされたという感じ。

・・・・100円でこれを作っていくら儲かるんだろう?なんて考えながら食べてました。

|

« 通信費;公衆電話にモジュラージャックが付いていた頃 | トップページ | 孫の世話が大変なじぃじ・ばぁば »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事