« 月20万円の年金では生活できない!:現役時年収2000万円 | トップページ | 天神川沿いの桜(京都2013) »

2013/04/01

期間限定の非課税贈与;教育資金贈与(1500万円、H31年まで)

3月29日に参院本会議にて平成25年度の税制改正関連法案が可決成立しました。
要点は次の4~5つ。

 「教育資金贈与の非課税枠」「住宅ローン減税の拡充」
 「所得税と相続税の増税」
 「企業減税;従業員を給与総額が増えた企業向け」

全部書くと長くなるので、2番目以降はまたおいおいと言うことにして、
まずは最初の教育資金贈与の件。

 ●教育資金贈与;孫へ1500万円まで非課税

   祖父母など直系尊属からの、教育資金贈与の贈与税非課税措置。

   受贈できる人は、30歳未満
     贈与者は、直系尊属(曾祖父母・祖父母・父母等)
   非課税金額、受贈者1人につき1,500万円(学校等以外は500万円)
   ただし、期間限定で、H25年4/1~H27年12/31

   ・・・税制改正でH31年までに延長されました(2015.7追記)

   取り扱いを行う信託銀行などの金融機関を通して該当口座開設の届け出
  を税務署に提出
して、一括贈与。
   払い出しは、教育機関への支払いであることの証明が必要

    公的教育機関については、修学旅行などの費用も含める一方で、
   非公的な塾や習い事については、500万円まで。
    留学のための渡航費や下宿代は、支払先が教育機関ではないためダメ
   (払い出せない)。
   ・・・税制改正で、渡航費用・通学定期代OKになりました(2015.7追記)
 また、
  受贈者が30歳に達した場合には口座残額について贈与税を課税

  ・・・・結局、一旦は別の資金から出して、あとで領収書をつけて出すという
     ことになるか?

----------
ここで終わると面白くないので付け加えます。

証明がいるわけです! で、あれば今だって税金かからないじゃないっ!

下宿代を祖父母に払って貰う!
 これは、こんな特例なしでも今までも、贈与税かかりません!
  今だって塾代が祖父母もち、なんて家庭いっぱいあるでしょ。
   ・・・・扶養の義務がありますから(「贈与と扶養義務の違い」は下記参照のこと)

「孫の太郎の口座を作るから、印鑑貸して? 1000万円入れておくし」

いわゆる名義貸しです。
  (・・・今は口座開設にも、本人確認が必要ですけどね(^^;))
でもま、結構あります、あると思います。

で税務署は相続時に、この口座はお孫さんの管理じゃないですね、
『渡した、受け取った、自由に使える金じゃないですよね』、だから贈与
じゃないですよね。相続財産ですよね、相続税掛けて良いですよね、と
税務所さんは言ってきます。良くもめています。

で、こういう口座から(別に名義貸しじゃなくても普通の祖父母の口座から
で良いのですが)、都度、祖父母が引き出して渡している。その金額は
学校関係の支払金額以内。
例えば「大学の入学金と授業料で、200万円はらった」
 これは、「110万円の贈与税非課税枠」を超えていても、贈与税は元々、
かかりません。
 、、、祖父母は扶養義務がありますから(あえて言えば国税庁が何か言ってきた時にちゃんと説明できるようにするには、「請求書が来てお金を引き出して、領収書が残る」、と一連の流れがはっきりするようにしておく方がいいかも。)

であれば、今回のこの制度、あんまり意味ないんじゃない? なんて
思う私です。
でもこういう制度ができた、と思えばかなりの資金が動きそうです。
信託銀行ウハウハでしょうか?。

贈与と扶養義務の違い:親などが請求書の金額をそのまま負担するのが扶養。一旦(使途を決めずに)渡すのが金銭贈与。つまり、「何かと物いりだろうから」ではダメで、請求額をその都度その金額で払うのが扶養義務者のつとめ、であります。

----

実はこの制度、最初に挙げた3番目の「所得税と相続税の増税」のうちの相続
税の方、すなわち、相続税の基礎控除を6割にするというものとセットです。

  現行は、法定相続人の数が2人なら、
   ・・・5000万円+1000万円×2人=7000万円まで
  の相続財産なら相続税かかりません。でもこれが今後
   ・・・4200万円以上なら、相続税課税対象になる!

で、この相続税増税の批判をかわすために作った、贈与税非課税枠
じゃないかと。
真のねらいは、相続税の増税の方にある!

(メリットをあげるとすれば、死ぬ前(相続前)に一括して非課税に
しておけるっていう部分ですね。)

でも、ま、これをきっかけに、贈与税や相続税に興味を持っていただければ
嬉しいかな、と思います。
人生とお金に税金の話は、切っても切れない関係にありますから♪

「後から(贈与を無かったことにして)引き出したい時どうするんですか?」
  ・・・出来ませんって。贈与=あげちゃったんですから。
  (家族間だと家計をごっちゃにする人、多いです。)

【関連記事】
 ●孫への教育資金1500万円!、祖父母が自分で引き出せないっ!(2013/04/08)

|

« 月20万円の年金では生活できない!:現役時年収2000万円 | トップページ | 天神川沿いの桜(京都2013) »

FP-相続・税・離婚」カテゴリの記事