« 小麦価格、春から9.7%アップ!(政府売渡価格2013春) | トップページ | ん 円安 1ドル96円 »

2013/03/08

公務員の早期退職は、悪いことなのか? 悪くないのか?

 先日、三日ほど前のどこかのニュースで報道されていました。(すみません出典まで遡っていませんm(_ _)m)

 京都府は全国一割合が高くて、今年度退職者の748人中の466人、62%が早期退職したというニュース。 
 地方自治体の早期退職。警察職員とか教員とかが、退職金が引き下げられる前に早く辞める方が、あとの給料を考えても逆転するというやつですね。

 これ、悪いことなのでしょうか、そうでないのでしょうか? 私なりに少し考えてみました。

(1)退職金という労働債権の考え方 ←正常な企業の場合

   民間で退職金制度を変えたところは多いですが、通常は、将来分のカーブを
   触ります。だから、逆転することはありえません。退職金が賃金の一部だと
   すると将来分について、引き下げることしかありえない。
   勤続40年の予定が、39年で退職なら、39年分は旧賃金制度で守られる。
   残り一年分だけが新しい賃金体系になるはず。だから一律何パーセントという
   カットの仕方はおかしい。
   
(2)希望退職時の割増退職金の考え方 ←経営が苦しい企業の場合

   不況にあえぐ多くの企業で早期退職を募集する時、割増退職金を設定します。
   今回の公務員早期退職も、これと同じ、という考え方。
   もう財務が厳しいので、割増出しますから、早く辞めてください、ですね。
   最近、民間企業ではよくあります。

(3)経営破綻状態だから賃金(退職金)カットだ ←倒産企業の場合

   過去、経営破綻した企業では、そりゃもう大変な給与カットなり退職金カットが
   行われました、当然です経営破綻なのですから。普通に倒産して、賃金未払いで
   労働債権として管財人に申し立てる(優先債権)でやっと取り返せたり取り返せ
   なかったり。
   このような場合なら、なんでもアリですね。
   公務員早期退職問題も、これに準じたもの、という考え方も出来ます。
   
========
 今回のこのニュース『退職金削減で後の給料を考えても逆転する』のニュースは、賛否両論で、
 「公務員の責任感がない」と
 「こんな制度なら早く辞めて当然」
 という意見の両方があります。

 でも、今、国も自治体もが、企業で言えば
   正常企業状態か・経営難企業状態か・経営破綻状態か
 このニュースがありません。
 その一方で、年々膨大な借金が出来ました、借金額は過去最大です、なんていうニュースが流れます。何か変です。誰かリンクしてください
 
 「国は借金も多いですが国有地などの財産も多いのでバランスシートは健全です」、これ、もっと借金して経済をよくしましょう派の議員さんの意見ですが、これならば健全企業です。(2)や(3)は反対すべきです。
 昔、夕張市など破綻した自治体もあります。空港を作った自治体は財政再建・健全化計画を作るのに大変な状態です。こんな状況なら(3)になる。

===

何が言いたいかというと、
  “国や自治体は、潰れない!”と思っている人が多すぎる
だけどこれは、本当か? なのです。

“(夕張のように)国や自治体が、破綻しそうです”というニュースが先ならば、退職金削減は、アリなのです。でも誰もこれを言っていない。うすうす感じている人はいるだろうけど、議員さん・公務員さんたち当事者も、ニュースを報道している人たち、それを見ている人たちも、みんな根っこには“潰れない”ってのが根底にあってその上で、この早期退職の報道を見ている。
 だから賛否両論が出てくる。
  (→→この最後行は、少し論理が飛んでいますねm(_ _)m
    公務員への妬みとか敵愾心が、たぶん、賛否両論には含まれるはず)

“国や自治体は、潰れない!”は本当か?
   正常企業か・経営難状態化か・経営破綻状態か
 
 この視点がないままに、単純に「国家公務員の退職金をカットしました。自治体もカットしました。」っていうのは、説明不足の気がします。
 (でも説明されると、もっとカットされるかも。人事院は経営難や破綻企業に
  おける賃金カットのやり方を平均にしなければならなくなるから)
----

ところで、公務員さんは、
 「こんな仕事(のやり方)、すっげー無駄なやり方しているよな」
なんて思うところはないのでしょうか?
大体、傾いていく企業はこういう部分が一杯あるから破綻します。

で、春闘で組合側が「経営責任は会社側だ〜」と叫んでいたのは10〜20年くらい前でしょうか。そしてだんだんと希望退職・倒産・企業合併なんていう道を歩んでしまった、というのは一つの歴史です。

※今回の退職金の引き下げは、民間との比較で決まりました。経営難とかそういう話は一切ありません。だから筋的には、労働債権として守られ(1)を主張するのが本筋なような気がします。(で、実は破綻状態かも、なんていう気持ちがあるからこんな変な逆転現象が出たりする、のかも。)

|

« 小麦価格、春から9.7%アップ!(政府売渡価格2013春) | トップページ | ん 円安 1ドル96円 »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事