« 春!つくし・土筆 | トップページ | 公務員の早期退職は、悪いことなのか? 悪くないのか? »

2013/03/07

小麦価格、春から9.7%アップ!(政府売渡価格2013春)

先週、農林水産省が発表しました、輸入小麦についての「2013年春からの政府売渡価格」。半年ごとに改定されます。

この4月からの1トンあたりの政府売渡価格は、50,130円→54,990円
9.7%アップです。

Komugi2013

 ◆円高になると輸出企業のニュースは大変だというニュースが増え、
 ◆円安になると輸入関連が大変だというニュースが増え、

なんだか、ピンポイントで一つのことを取りあげるニュースが多い気がしています。記事自体に偏りを感じてしまうのですが、日によって(ニュースによって)変わるので、いろいろ頭の中で整理しないと、ニュースが読みづらいですね、最近。これと同じような事が今後TPPのニュースでも言われるのでしょうか。はぁ

そんな中で、総論が書かれているのはやはり社説。社説おもしろいです。
でも、「消費税を上げないと日本の借金・社会保障は保たない」と各紙が書いていたのに、増税法案が通ったら、「でも新聞は公共に利する物であるから、増税品目から除外(再販制度維持)」と書いてしまうのは、少し身勝手な論理であるように感じます。

 話がずれました。小麦の値上げの原因は、円安になったことが一番の原因。製品価格に反映されてくるのは3〜4ヶ月後。
 もっともグラフを見ると「2008年の頃よりはまし」ですね。
 
------
 食物アレルギーのひとつに、小麦アレルギーというのがあるらしく、「小麦が食べられない」って、大変だろうな、と思います。どこかのお茶石けんでも、小麦アレルギーが話題になりました。
 
 「食べられない物あります?」と聞かれれば、
 「好き嫌いは特にないです。」

と答えられることに感謝したいと思います。(でも本当は、蛇とか蛙とか雀とかイナゴとかはダメです。生理的に食べられません。)
【関連過去記事】
 ●小麦価格、春から15%ダウン!(政府売渡価格2012春)(2012/03/09)

|

« 春!つくし・土筆 | トップページ | 公務員の早期退職は、悪いことなのか? 悪くないのか? »

FP総合」カテゴリの記事