« 春から贈与がかわる?!「教育資金一括贈与」;相続税 | トップページ | 土地の名義が死んだ親のまま、で抱える最近の話題 »

2013/02/07

医療機関債で10人逮捕! 12億円

医療法人社団「真匡(しんこう)会」(東京都)の名前の医療機関債発行にからみ、
逮捕者10人、 380人から12億8600万円を集金。
また、5500人から約113億円を集めた投資会社2社の経営に関与。
  (MSN産経ニュース2013.2.6など)

随分前に、医療機関債のことを書いたのはいつだったかなぁと検索してみると、、、、

【過去記事】 医療機関債の販売勧誘トラブル! 新手の儲け話!
 ●年4%の医療機関債(2012/05/14)

書いたのは約8ヶ月前でありました。もっとも当時、私が先駆けて書いたものではなく、国民生活センターのHPが出典。
単純に割り算すると、一人あたり200万円とか300万円の出資ですね。(一口50万円4%の利率だったようです)

========

こういう記事を見るたびに思うこと。
こういう被害者に割と皆さん冷たいのです。
 「ほ〜ら、言わんこっちゃない。うまい話があるわけないやん」
 「騙される方が悪い、欲深かったんだろうねー」

最近(とは言っても2年前ですが)だと、安愚楽牧場が入るでしょうか?

でも、投資信託で退職金が半分になったというような方は結構おられます。投資信託なら2割3割の変動は普通にあります。定期預金でも昔は7%の利息。
むしろ、問題は、「そのリスクの大きさが分かっていない人」が被害になっていることでしょう。“元本保証”の魔術です。(投資信託を買う人は、少なくとも元本保証だとは思っていないし、、、たぶん)

金融商品販売法の充実を期待しますが、イタチごっこなんだろうなぁ。

「大損する定期預金」(←利回り低いものを持っていたら、高い物と比べると大損ですよ)と宣伝しているところがあるようですが、中身がどうなのかが気になります。


|

« 春から贈与がかわる?!「教育資金一括贈与」;相続税 | トップページ | 土地の名義が死んだ親のまま、で抱える最近の話題 »

FP-銀行・株」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事