« 別居なのに同居で届けて、「健康保険の扶養」にするとどうなるか? | トップページ | 生命保険の未請求と時効 »

2013/02/18

定年時のローン破綻・不動産担保ローン

この前、銀行に行きました、お金をおろしに行ったのではなくお仕事です。そこでローンの担当者と話をする機会があったのです。

私「やっぱり、定年時にローンを払ったら貯金が無くなる人増えています?」

 「増えてますね〜。むしろ、教育費がかさんで、あっちこっちでカードローン
  やクレジットリボ払いで借金が細かく増えて、退職金で足りないという人も
  増えています」

私「どうするんですか?」(←私が聞いてどうする(^_^;))

 「ローン完済と同時に、不動産担保ローン。65歳まで年金少ないですしね。
  お子さん費用が足りない人はそうなります。」

私「結局、ローン完済できないってことですね。」

 「うちの不動産ローンはよそ銀行より金利が・・・・」

========

住宅ローンは無理のないようにね♪ 「こんなローン組まなきゃ良かった」と思うようではダメです。

昔々、20年くらい前に、住宅ローンの「ボーナス払い」で苦しむ人が大勢いました。
ボーナス激減なんてなかった時代だったのです、今では当然「ボーナス払いはほどほどに」であります。
で、今、「退職金を当て込んだ住宅ローン」、、、結構いらっしゃるんだな、退職金を見込んだローンを組まれていらっしゃる方が。組んだときは数十年先の話でしたから。

ローンが苦しくても、「それは自分の人生を歩んでいる事」と思える額で是非とも組んでくださいませ。

|

« 別居なのに同居で届けて、「健康保険の扶養」にするとどうなるか? | トップページ | 生命保険の未請求と時効 »

FP-不動産・ローン」カテゴリの記事