« 個人墓・夫婦墓・●▲家の墓・五輪塔・宝篋院塔;相続税対策 | トップページ | 独身若者に2000万円の生命保険!を勧める外交員 »

2012/12/25

固定資産税は、所有者にかかるんだよ♪

質問があったわけではないのですが、検索ワードを見ていると、そんな疑問があるようなので・・・

「親子同居、世帯分離すると、固定資産税はどうなりますか?」
「離婚したら固定資産税は?」
「特養に行く、固定資産税は?」

固定資産税;
 不動産、すなわち、土地と建物にかかる税金。
 (細かく言うと、都市計画税もあるが、払う方から見れば合算して一緒)

これは、所有者にかかります。

早い話、自分の家を誰かに貸している人・賃貸物件を持っている人、なんて一杯居るわけで、住んでいる人には関係なく
  「所有者に支払い通知書が来る!」

========

ま、言われりゃ、当然! と思う方も多いと思うし、たぶん疑問をもって検索した人も、すぐに答えが分かったとは思うんだけど、まぁ、税金の基礎知識ってことで。

ちなみに、上の「固定資産税」を「住民税」に変えたら、どうなるか分かりますか?

住民税は、それぞれ個人の所得によります。
控除が(離婚とか特養に行くとかで)変わるのなら所得が変化して税金も変わりますが、そうでなければ、一緒です。

========

ところで、固定資産税は毎年「5月頃」に請求書?が来ますよね。
「1月1日時点の所有者(※)」にかかるのですが、うちの親父は随分前の「2月」に亡くなっています。
でその時、まだ相続登記も何も触っていないから、「今年の通知書はどうなっているのかなぁ?」と思っていたら、しっかり、同居していた母親宛に届きました。
おそるべし、役場の税金課。

(いや、単に、死亡届が出されて、お袋が住民票の筆頭者になったからだと思うのですが)

※不動産売買においては、不公平が無いように、日割計算で固定資産税を清算する契約にすることが一般的です。「年末に買ったら損」「年開けて早々に買うと得」、なんてことは滅多にありませんのであしからず。

|

« 個人墓・夫婦墓・●▲家の墓・五輪塔・宝篋院塔;相続税対策 | トップページ | 独身若者に2000万円の生命保険!を勧める外交員 »

FP-不動産・ローン」カテゴリの記事

FP-相続・税・離婚」カテゴリの記事