« 史上最高の6億円 年末ジャンボ宝くじ発売(2012) | トップページ | 平均額の貯蓄が無いのに、平均額の家を買うとどうなるか? »

2012/11/30

生活保護3.7兆円の半分は医療機関が喰っている

生活保護のニュースが毎月出ます。毎月過去最高を更新しているから。

「過去最高の受給者数! 213万人」(4ヶ月連続更新)
年間3.7兆円! うち半分が医療費
       受給者の4割は高齢者!!

====

3年ほど前に、奈良の病院で生活保護の患者に不正な治療をしていて逮捕された事件がありました。実家の近くなので、車で通る時寄り道して前を通過しました。

「ここ、ここ、大阪から生活保護者を入院させてカテーテル手術していた所」

医療は医師が行うので「必要な治療なんだ」と言えばなかなか不正かどうかは判断できないと思うのですが、とりあえず、生活保護受給者は医療費がタダ!
氷山の一角だと思います。
でもって、これについて医師会の動きが悪い。ここに腹が立つ。

========

例えば、こんな施策はどうだろう?
 生活保護住宅を公営土地に建てて、スーパーも特定地域しか使えないクーポンを支給して、医療もそこで専任の医師を開業させて、

「不動産屋もスーパーも医療機関も」あまり大きくは儲けられないけど安定して儲けが出る、みたいなシステム(地域)を作るのと、今の「住宅補助・医療補助・生活費扶助」とどちらが良いのだろうか? と思ったりする。

 農家の個別補償で予算をばらまいたけど、生活保護世帯用に国が買取り、配る。もし米じゃなく金で受け取るなら半額にする、みたいなものも良いと思うぞ。

 その地域に住めば安心して住める(審査基準は今より緩和)、
 それ以外の現行制度を選ぶなら補助費半分とか(審査基準は厳格化)

でも、これ、大きな政府に繋がるし、個人にとっては選択の幅が狭まるし・・・
  ・・・どっちが良いんだろう?

新事業仕分けでも、労働意欲を無くすような保護基準は改めるべき!という結果でしたが、「高齢で病気で働けない人」をどうやって救うのか、それも予算をかけずに救うのか。この視点が少なかったのが淋しいです。(基準は厳格化するけどどうしようもない人は100%政府や自治体が面倒を見る、という視点が無かったような。)

安心して住める日本がやって来るのか?

====
「仕事もなく、生活保護を受けていたが、夏頃から食べるものにも困っていた。」
福岡県警西署は2012年11月20日、自宅マンションで妻(23)を殺害したとして、無職の夫(22)を逮捕、結婚1週間。

他の経緯があるのかもしれないが、こういうニュースが出ない世の中にならんのか?

|

« 史上最高の6億円 年末ジャンボ宝くじ発売(2012) | トップページ | 平均額の貯蓄が無いのに、平均額の家を買うとどうなるか? »

FP総合」カテゴリの記事