« 日本直販の総通が倒産、負債174億円 | トップページ | 改正後の国家公務員退職手当法(11/16可決成立!) »

2012/11/19

国会議員の歳費 13%→20%カットに

サラリーマンも「今月は残業しないでね♪」なんて言われると、突然手取りが
2割くらいカットされますが、国会議員も同じようで・・・・

野田首相が解散を表明しました、その中に国会議員の定数削減が条件になりました。

  国会議員定数削減、でもこれはすぐには難しいし、次の国会で
  削減すると合意できるのなら、とりあえず、歳費カットで対応。
  国民に消費税増税をお願いした手前、議員も身を切らねば納得
  されるはずがない!

ということで、早速、2割の削減が決まりました(3党合意)。

 歳費2割カット! というと今の給料から2割という感じがしますが、現在13%カットがなされているので、これを増やすというものです。

=====

本来歳費は約130万円なのですね、
で、消費増税の前にあった復興予算増税。(※)
このときに、歳費13%カット×2年間を決めて今実行中。
今回の2割カットがいつから実行なのか、ちょっと分からないのですが
本来歳費の2割カットで103万円に!

  130万円(本来の議員歳費)
   ↓
   80万円(震災直後の半年間)
   ↓
  113万円(2012.5月~2年間の予定だった)
   ↓
  103.5万円(今回の野田首相解散表明後の3党合意
        議員定数が削減されるまでで、次期国会で決まる予定)

と、まあ、国会議員さんの給料も大変なようで・・・・

サラリーマンの、
  「今月の残業 ○○時間以内でね」とか
パートの
  「今月は年末だから、3回多くきて貰う代わりに年明けはその分減らしてね」
と言われたような、そんな感じにも見えます。

(※)復興増税
  25年間の所得税の定率増税(+2.1%)、来年1月から
  10年間の住民税の定額増税(+1000円)、2014年の6月から
   3年間の法人税の定率増税(+10%)、 今年の春から実施

|

« 日本直販の総通が倒産、負債174億円 | トップページ | 改正後の国家公務員退職手当法(11/16可決成立!) »

ニュース」カテゴリの記事