« シングルマザーの就学援助 | トップページ | 介護保険のヘルパーは本人分しか使えない(料理も洗濯も同居人分はダメ) »

2012/10/11

野菜や魚みたいに、「今日のお奨めは?」と土地や投信を買う人

「お奨めの投信はどれですか?」・・・・これ、魚や野菜を買う時のせりふと似ていると思いませんか?

もっとも今の時代、野菜や魚を買うと言えばスーパーですね。
すでにパックされて売られています。
昔ながらに、お店の人がいて
 「今日はこれがお奨めですよ〜」
なんて言われながら買う人は滅多にいないかも知れません。

 でも商店街に行くと、まだまだこんな普通の八百屋さんや魚屋さんも残っています。私がいつも通る「太秦商店街」もいくつか残っているのですが、どうも最近、空き店舗になったり売り店舗になったり、アパートになったり、少し淋しい感じがします。

さて、土地購入・投信購入!

「今日入ってきた土地です。お奨めです」
こうやって買われた方がいました。(→昔このブログで書きましたが、土地の実物みないで契約された方がいました)

「今、お奨めの投信は何ですか?」
こうやって買われる方も多いのではないかと思います。

========
私の「投信」の買い方です。

私の場合、まず欲しい投信のカテゴリーができます。
  日本株そろそろかな? 通信関係がいいかな? 
  新興国系かな?です、それもベトナムとかトルコとか具体的な国まで指定とか。
  他には、商品系とか(金とか原油とか)、アメリカ系とか

 こういう要望に合致する投信を、Yahooファイナンスとかモーニングスターのサイトで探します。

 チェックするのは、「販売開始時期とこれまで基準価格と分配金込みのグラフ」。そしてどんな割合で投資されているかの「ポートフォリオと資産規模」をざくっと見て投資環境の雰囲気を掴みます。
 その後大事なのが、コスト。すなわち、「申込手数料と信託報酬」。最後に、取り扱い業者(銀行・証券会社)です。

 自分の持っている口座で買えるか買えないか、新たに口座を開設してまでその投信を買いたいか、自分の買える口座で良く似たものはないかと考えます。

 さて質問? 皆さん 最初に銀行や証券会社を決めていませんか?

 口座自体を増やすのは管理がしにくくなるなどの欠点も多いのであまりお奨めしたくありません。でもですね〜
 魚も野菜も、日頃からお買い物しているから『あそこで買うことにしている』と決められるのです。
 投信経験の少ない人は、お店選びじゃなく、先に、銘柄選びして欲しい。

 とはいえ、投信初心者が目論見書をいきなり2つも3つも4つも見せられると戸惑ってしまいますね。なので、最初は、ほんの少し10万円とか30万円とかで取りあえず一つ買って、投信って言う物がどういうものなのか、値段が上がったり下がったりがどう言う時に起こるのかを経験してから、本当の投資ってやつをすることをお奨めします。

 ついでにもう一つ言いたいこと!
 すでに下がっている投信をもっている人!

 なんで下がったのか、ここまで下がっているのか、きちんと自分で納得してください。そうすれば、損切りして新たに次のやつを求めるなり、現金化して反省材料にするなり、いろいろ見えてきます。いつまでも「そのうち上がるだろう」なんて待っていると、いつまで経ってもそのお金は有効に使えません。
 取りあえず、1/3程売却する。・・・・買う時も予算の1/3にする。 私、いつも言っているでしょ。時間分散が大事だって。
 買う時も売る時も同じです。

「腐ってるみたいだから交換して」・・・不動産・投信は、野菜や魚のようにこれが使えません。要注意です。

|

« シングルマザーの就学援助 | トップページ | 介護保険のヘルパーは本人分しか使えない(料理も洗濯も同居人分はダメ) »

FP-銀行・株」カテゴリの記事