« 住宅ローン;頑張って繰上返済したら、所得税がドカンとやって来るケース | トップページ | 結婚式・披露宴の全国平均(朝日新聞記事から) »

2012/10/31

交付税、ついに人質事件に(公債特例法案)

 『特例公債法案、別名、赤字法案の成立が見通せないため、
  城島財務大臣は、11月2日に支払いを予定していた
  地方交付税4兆円の地方自治体への支払いを当面延期
  することを発表。』2012.10.30

 国政停滞のしわ寄せが自治体へという、前代未聞の事態です。

交付税を貰っていない自治体は関係ないですね。
京都の場合、一般会計予算(歳入)でみると、府が2割を交付税で、市は1割を交付税でまかなっています。

府・市ともに、月々の大きな出費で言えば、人件費(府なら消防・警察、市なら教員)と民生費(ようは生活保護)がかなりの割合を占めています。交付金がもらえないとなると、このあたりの影響が強いのじゃないかと思うのだけど・・・・

自民党の「近いうちに」攻撃が強すぎるので、秘密のアイテム「公債特例法案」を出してきた感じ。

ずるずる引き延ばして自民のせいにする作戦に出た民主党。
12月まで引き延ばせば、公務員ボーナス支給日に引っかかってきます。(ま、どこかから借り入れるのでしょうが・・・)
春まで引き延ばして、来年度予算まで引っ張る気かな?

世論はどっちに傾くでしょうか?

 民主政権はやっぱりダメ!が強いか、与党も協力しろよ!が強いか
 民主支持、増える? 自民支持、増える?
       、、、、、共倒れになりそうな気配。
 やっぱり第3勢力が増えるのか?

先週、緊急経済対策4000億円を発表した内閣。
でも交付税の4兆円の支払い延期を発表。
お金が市場に出回るか?って考えると短期的にはマイナスですね。
日銀異例の2ヶ月連続金融緩和11兆円増額も色褪せて見えてしまいます。

=================

ひょっとして皆さんの職場で流行っていますか?

  「近いうちに」、「しかるべき時期」「遠くない未来」、

こういう言葉は、秘密のアイテムも用意した上で、使うことをお勧めします♪

にしても、公債特例法案人質事件、景気には良いことは何もない、と思います。

|

« 住宅ローン;頑張って繰上返済したら、所得税がドカンとやって来るケース | トップページ | 結婚式・披露宴の全国平均(朝日新聞記事から) »

ニュース」カテゴリの記事