« 早期退職時の割増金、企業側から見た金勘定 | トップページ | シングルマザーの就学援助 »

2012/10/09

匿名寄付1億3000万円;府立臨海スポーツセンター

他の地域でもニュースになったのでしょうか? 1億3000万円の匿名寄付。大阪府立臨海スポーツセンターの老朽化改修工事問題。
実はこういう問題があることさえ知らなかった私です。

「耐震工事費用3億円のうち、半分なら府が出しても良い。そうでなければ近々廃止」という大阪府知事。
なので、チャリティや募金の目標額1億5000万円。そのうち1億3000万円の寄付があったというニュース。目標額までもう少し!

=====

寄付の背景に、どういうものがあるのか全く分かりませんし、個人なのか団体なのか企業なのかも分かりません。でも「文化と金」という側面を考えるきっかけにはなると思います。

古来から、文化はお金のある所、あるいは権力のある所から生まれます。そして、今、多くの自治体は財政難。(※ここでの文化は、生活文化とか企業文化ではなく、芸術・芸能の文化)

先日は文楽協会への補助金のニュースが話題になっていましたが、

「行政と文化の関わり方」、これは市民・住民の文化レベルの現れとも言えるでしょう。

文化を担うのは行政か住民か、、、、この議論は日本ではまだ成熟していない、ですね。
(文化に予算を回すのならほかのモノにという意見は当然あるだろうし、逆に文化が断絶すると復活はもの凄く大変という意見もあるだろうし、そういうものを多数決で決めるのはそもそもおかしい、という意見もあるだろうし、、、、成熟はしていない)

=====
この手の話をすると、結局は「税金は何に使われるべきか?」という簡単には答えの出ない問いになってしまいます。

それにしても、寄付 1億3000万円、すごい額であります。

|

« 早期退職時の割増金、企業側から見た金勘定 | トップページ | シングルマザーの就学援助 »

ニュース」カテゴリの記事