« 京都学園が右京区にやってくる、らしい | トップページ | 国税庁に報告義務:海外資産5000万円以上の人 »

2012/09/13

白菜、キャベツ、豊作で出荷制限

例年なら、1キロ 50円が、今年は20円。半値以下、こういうレベルらしい。

もしサラリーマンが給料日の前の日に、
「今月の給料は、50万じゃなく20万ね」と社長から言われたらとんでもないことになるのが、そう言う意味では、農家は大変だ。
もちろん、キャベツだけ白菜だけと作っている訳じゃないだろうけど、大変だ。

米の個別補償制度、この制度はあまり感心しないが、こういう天候に左右される部分ってのは何とかならんのだろうか、といつも思う。

日本製ということで、海外に出荷しづらいらしい。
漬け物0157問題で、白菜が余り気味らしい。


今回も対策は、日本政策金融公庫の「農林漁業セーフティネット資金」からの融資。
HPを見ると、0.4〜0.85% 最大融資額は一般で600万円、期間は最長10年間。
金融公庫がやっているので仕方がないのだけど、これも『借金させてやるから頑張れ!』という政策。

-----

ただ田舎にいると、「俺は俺、お前はお前。よけいな口出しするな」的発言は頻繁に耳にする。悪く言えば、みんなエゴの固まりだ。
良く言えば、「俺は俺で一番の野菜を作るんだ!」この気持ちが非常に優良な野菜を作ってきた、とも言える。

優秀な野菜の意味が少し違う。
出荷基準で「優良」という基準。つまり、まっすぐな胡瓜、大きさや粒が均一、傷が少ない。消費者がそのような商品を優良としてきたためだ。
TPPで安い野菜が入ってくればイチコロ。

本当に優秀な野菜って何なのだろう? 
残念ながら、私の身近には大規模農家がいない。ほとんどが兼業農家だ。
雪で覆われて作物が作れないということも知らないし、その間出稼ぎに行くという人も身近にはいない。

農家の所得という面の本当の気持ちを聞いてみたい。

強い農業、、、、農業に限らず、漁業も林業も、強い一次産業は、かけ声だけでは強くなれない。

-----

「安売りしてた、キュウリ。またもふにゃふにゃ」

冷蔵庫に1週間も入っていたらそりゃフニャフニャにもなりますわな。5本も買いすぎです。
毎年毎年、同じ失敗をしていて、全然学習能力がありません。(ってか、夏場の方が早くないですか?)

水不足で野菜高騰! よりは、やはり安い方が嬉しいのだけど、なぜか、心が痛いです。

|

« 京都学園が右京区にやってくる、らしい | トップページ | 国税庁に報告義務:海外資産5000万円以上の人 »