« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月に作成された記事

2012/09/28

NHK値下げ、10月分から(月120円)

値上げのニュースばかり書くと、暗くなっちゃいますね。
なので、値下げのニュースです。
丁度1年前に、NHK初の値下げ!なんていうニュースが流れて、この春には、「まだ下がらないの?」なんていう質問を受けたりしたこともありますが、やっとこの10月から値下げです。

NHKの受信料(2ヶ月払いの場合)
 地上契約(口座振替)2450円・・・240円の値下げ
 衛星契約(口座振替)4340円・・・240円の 〃


ひと月で120円。
缶ジュース1本、飲めます。
100円自販機だと20円おつりがあります。
    ・・・・書いていて少し悲しい(;_;)

でも昨日の再生エネルギー電気料金の値上げ分とほぼ同じ。

|

2012/09/27

電気料金;再生エネ分、月126円値上げ

東京電力の値上げのニュースは、この夏に話題になりましたが、再生エネの分の話をしていませんでした。燃料調整費分以外の値上げのニュース、です。

ここ関西でも、というか全国的に、

「再生可能エネルギー買取制度分の値上げ」 が実施されます、

というかされています。8月分の電気料金から。

家族3〜4人暮らしで、50A契約で月の電力量が450kW時なら、
電気料金が12,505円。(東京の場合)

これに再生可能エネルギーの買取制度の負担金が、1kW時あたり0.28円(※)なので、
月に450kW時で、126円の値上げ。

東電の場合、電気料金そのものの値上げが1040円でしたので、両方あわせると、1166円の値上げという計算になります。(上の50A契約450kW時の場合で)

  値上げ前の電気料金 11,465円
  値上げ後の電気料金 12,631円

夏前に比べて、約1割の値上げ、ってことですね、

※再生可能エネルギー賦課金は、1kW時あたり、0.22円(全国一律)
 これとは別に、旧来の法律上の賦課金(太陽光発電促進付加金)が地域別で0.03〜0.15円。
 後者の太陽光発電付加金は、3年後に終了して、再生エネ賦課金に一本化。

(  ・・・全然関係ないですけど、「賦課金と付加金」、変換ミスじゃないです♪ 
    いつもよくミスってますが(^_^;) )

========

関西電力も値上げ申請するとかしないとか、ニュースが流れています。
(関西電力のHPを見てみると、9/13づけで
 「年内に申請するとの報道がされておりますが、当社が発表したものでは
 ありません」となっています。・・・・結局、申請するんだと思うけど!)

関西は原発依存度が高いので燃料調整費だけでは転嫁できない? かなり厳しいかも

こんなことを思っていたら、先週の関電の大赤字決算+無配当決定!のニュース。
早速、関電に勤める同級生に「大変な時代だぞ」とメールしてしまいました。 

|

2012/09/26

白色申告、記帳・帳簿の義務化! H26年〜

サラリーマンの人にはあまり興味無い話題ですね、済みませんm(_ _)m
でも見事に私は対象者です♪ ・・・・白色申告者

義務化と書いたら間違っているのでしょうか、国税庁のHPでは、
「記帳・帳簿等の保存制度の対象者が拡大」、
と記されています。

    現行:事業所得等の金額が300万円を超える方
H26年1月〜:事業所得、不動産所得又は山林所得を生ずべき業務を行う全ての方

=====

事業所得で300万円って言えば、相当付加価値の高い商品であっても、売上げで600万円とか800万とかだし、最近はどの業界も薄利多売なので、売上げ1000万円以上とかになるはず。
個人タクシーだって、一日2万円×25日で50万円。年間600万円程の売上げで経費引いたら所得は250万円。こんな人だと白色申告でいけたわけだったのですが、一気に拡大されて、みーんな、帳簿の保存が義務化されます。

(山があるし荒れるから、仕方ないのでやっている、やれば取りあえず、少しは収入になるし、みたいな人も多そうだぞ。>山林所得)

====

白色申告と対になるのが、青色申告。
 青色申告のメリット = 控除65万円。専従者給与。損失3年繰越可。
FPの勉強された方は覚えていますよね〜
(設備投資が少なくて売掛買掛が少なくて、奥さん子どもに給与を払わない人は、青色申告のメリットが小さいという私の認識はあってる?)

帳簿類7年、領収書等5年の保存義務です。
国税庁、きびしい〜 (←これはすなわち、「所得300万円以下でも税務調査・訪問するぞ」というメッセージなのか?)
とりあえず、税務署の説明会の参加を申し込みました。(←締め切りは今月いっぱいです)

|

2012/09/25

ウォーキング2時間コースは蚊との闘い(雑文)

だいぶ、風が秋めいてきた。というか少し秋を感じる空気です。
コスモスも見ました、稲穂も頭を下げてきています!

今年の春に買ったランニングシューズ、ミズノのマキシマイザー3980円を復活させて、久々に登場させています。

歩くコースは、自宅から西京極運動公園(←京都のマラソン・駅伝の出発点)。
ウォーキングで3km、中をぐるっとジョギング2km、帰りまたウォーキングで3km。真剣にすれば1時間コースのはずなのだけど、でもなぜか家を出てから帰宅まで2時間かかります(^_^;)

この前、まだ相当に暑い頃ですが、運動公園を回っていたら、何かの大会をしていました。
中学校陸上部の大会みたいです。いろんな中学のロゴを見たので、府大会でしょうか?
まだ練習中らしく、多くの生徒たちが、周囲を軽くランニングしていたり、スタートの練習していたり、バトン受け渡しの練習をしていたり、友だちどうしてジャレてたり・・・・なんかこう、緊張感と不安感と中学生らしい和やかさが混じった風景でした。
(自分を思い返すと、「緊張感と不安感と和やかさ」、どれも随分前に比べると、鈍ってきているぞ、ってな不思議な感覚)

メッセージTシャツって、中学生たちの間で流行っているんでしょうか?
「なせばなる、なさねばならぬ・・・」とか「陸上部魂」とか、派手にバックプリントされたTシャツで、彼らの背中を見ているだけでも楽しいです。

そんなのを軽く見ていただけなのに、気がつくと、「蚊」に刺されまくり。
歩いていると、足がむずむず・手がむずむず、そしてその後、猛烈なかゆみ。
5ヶ所も刺されるともう尋常ではありません。

「このかゆみは、イエ蚊ではなくシマ蚊、だな」
ムニュムニュと変な形で腫れ上がってきたので間違いなくシマ蚊です。
でもこれなら、シマ蚊なら、痒みのピークは1時間。。。。1時間の辛抱!

秋めいてきたとは言え、短パン・Tシャツの公園外出は要注意、、、、って虫よけ塗ればいいのか、そうか、そうなんだ。と2日後さらに6ヶ所刺されてから気が付いたのでした。

=====

ジョギングコースでは、全身びっしょりで走りまくっている人、格好良いウェアで流しているお姉ちゃん、リハビリで歩いている人、障害児と一緒に散歩している親子、怪しげなおっさん、しかも二人連れ。

ニコニコしている人、難しい顔してる人、怖そうな人、痒みを我慢してる人>俺
いろいろです。

どうすりゃ、よりよい人生を生きられるか、ニコニコ生きられるか?
蚊との戦いとともに、難問であります。

|

2012/09/24

GDP;増税前の「名目と実質」のウソ!

「名目」と「実質」のウソ。今日のこのブログは、自分への教訓です。
時には両方見なければ、ウソをつかれますヨ、という見事やられてしまった失敗談。

GDPを語るとき名目成長率とか実質成長率とか、言いますよね。おそらく今後、増税でも年金の話でも、GDPの「名目」とか「実質」とかそんな言葉が良く聞かれるようになるはずです。

【関連記事】
 ●だから~、GDPが増えないと給料は上がらないって (2009/04/15)
 ●12年前から、給料が下がる時代になったようだ (2009/12/22)

====

さて、実質GDP成長率とか、名目GDP成長率とか、経済新聞などを見ていると良く出てきます。
この違い、何でしょう?・・・ 一言で言えば、物価上昇を考慮するかどうかです、ね。

GDPが1.5倍に成長したら名目は1.5倍の成長、でも物価も同様に1.5倍上がっていれば、実質成長はゼロ。
これが名目と実質の違いです。

日本のGDPはグラフの通り。内閣府の国民経済計算というところが公表しています。
「生産者側」という数字で、雇用者報酬もグラフにしました。

Gdp1

GDPと雇用者報酬、だいたい比例しています。
なぜ比例するのでしょうか?

(1)まず、給料は売上げから出る。 これは良いですね。
   
(2)GDPとは何か? GDPとは付加価値の総和です。

 売上げの総和、と言いたいところなのですが、こう言ってしまうと、A社がB社に売ってさらにC社に売れば売上げだけがどんどんダブルカウント・トリプルカウントされてしまうので、そう言う部分を排除した、「総和」です。つまり付加価値の分だけの総和。
 この点では(1)は間違っていて、「付けた付加価値(つまり儲けのこと)の中から給料は出る」、というのが正解です。

Gdp3

そしてこれらを、ぜーんぶ足し算したのが、「GDPと雇用者報酬」。だから基本的に比例するのです。

でね、雇用者報酬のグラフをよくよく見ると、2000年くらいから伸びていないし、2007年頃からはむしろ下がっている。

  ・・・ そうですよね、皆さん給料上がっていないですよね♪

なのになのに、「家計の最終消費(形態別)」(←これも内閣府経済計算の一つ。下の左のグラフの???のところ)を見ると、2009年・2010年ごろ、「耐久消費財」だけ伸びているんです。
これおかしいでしょ。
なんで、給料下がっているのに、耐久財だけ伸びる?

「そんなに、エコ家電ポイントって凄かったのか? エコカー補助金、凄かったのか?」
って思ったのです。

どれくらい消費が伸びたんだろう? ほかに何か話題になるようなことがあったか?
大震災の前だし、何かあったっけ? 住宅建築ラッシュってのも無かったし・・・

だいぶあちこち探し回って考えて、やっと分かりました。何のことはない、見ていたデータが「実質」だったのです。「名目」でグラフ化すると、すんなり納得♪
名目での最終消費は、報酬に応じた分で、得に消費割合が増えたわけではありません!
 
Gdp2

どういう事かというと、「国民経済計算の『実質』はH17年を基準に算出」している。これがミソ。

H17年に300万円だったハイブリッド車は、今だと200万円だけど、300万円でカウントされる。
H17年に30万円だった液晶テレビは、今だと10万円だけど、30万円でカウントされる。

こういうウソ! が出てくる。

特に価格変化の大きかった商品が大量に売れると、大きく数字が異なってくる。
名目と実質両方見なければいけない! 私の教訓です。

実質で増えたのはおそらく、エコカー・エコ家電の経済効果。でも名目で変化してないのは、結局、他の物を我慢した結果の政策で、消費全体では伸びていない、って事なんだと思います。

====

今後、消費税の話や年金の話の時に、おそらく政府は、実質成長率と名目成長率をうまく、使い分けると思います。
だって、今デフレでしょ。名目で見たらデフレ中は、下がるんですよ、成長しません。

   政府:「GDPは実質でプラス成長しています。増税しても大丈夫です」
どっかの党:「名目では減ってるじゃないですか? 国民を騙そうと思っているんでしょ」

『騙そうとする政府』とか、逆に、『まるで鬼の首を取ったかのごとく発言するどっかの党』みたいなレベルの低い国会にはして欲しくないし、

  適正に、GDPの成長、物価上昇・物価下落を考慮して、経済政策が決まるべき!
   ・・・これがなかなか難しいぞ、たぶん。

========

名目と実質、物価を考慮するかしないか。
頭ではわかっているし、そんなに気にしたことも無かったのだけど、こんなに差が出るんだね〜、と少し勉強になりました。
時には、両方見なければいけない。 教訓です。

|

2012/09/21

東京電力の年金1〜2割カット

ニュース記事なので詳細までは分からないのですが、
受給者2/3以上の同意を得て、厚労省に申請されていた「東京電力の年金基金の減額申請」。これを承認した、ということです。

東電の年金基金は終身年金(←とくに古い人)との組合せらしく、この利率を大きく下げて、結局、全体では年金額1〜2割のカットになる見込み。

========

日航は年金2〜3割カットでしたっけ?

AIJ問題で影響を受けた中小年金基金のうち、解散する基金も取りざたされていますし、将来的には、基金だからと安心できない上に、困ったことに本人にとっては「祈るしかない」という状況になります。(普通の公的年金だって、祈るしかないのですが・・・)
なんとも将来設計しづらい世の中です。

|

2012/09/20

日銀、「金融緩和」追加、10兆円


昨日の日銀の発表で瞬間、為替は円安に振れましたが半日も持たず、再び1ドル=78.5円台になりました。

このところ、日銀・FRB・ECBと日米欧中央銀行の「金融緩和競争」、真っ最中です。
金融緩和? 最近の流行語です。

これ何かというと、中央銀行が、世の中の余っているモノを買うんです。
そうすると市場にお金が溢れる、その結果、金利が下がるのです。

「キャベツが余って、値段がつかない。スーパーも生産農家も値段下げても
 売れなくて困っている。じゃあキャベツを10兆円分買っちゃおう」

こうすることで、スーパーも農家も嬉しくなる。
現金が手に入れば、スーパーは、秋の松茸を仕入れるし、農家は生活費が手に入って、松茸を買いに行くようになります。
お金が回って景気が良くなる。
こういうのが金融緩和の目的です。

実際に買うのは、キャベツじゃなくて国債です。先週のFRBはMBS(住宅ローン担保証券;Mortgage-backed securities)の買い入れでした。

「なんか、それっぽいモノ買えばお金がじゃぶじゃぶで景気よくなるんじゃない?、景気が良くなりますように(祈)」
こんな願いを含んだ、金融政策のひとつです。

昔は、公開市場操作とか買いオペとか言っていたのに、最近は、みんなまとめて「金融緩和」に統一されてきていますね。(※国債だけでなく、ETF買い入れとかもするようになってきているからでしょうか)

========

 『お金ジャブジャブなのに、なぜ、俺には回ってこない?
  金は天下の回りモノじゃなかったのか?』

そうなのです、お金は理不尽なのです。
「隣のお店は流行っているのに、自分の店は流行ってない」、それには理由があるのと同じ。

だからキャベツ買いましょう、それも国産です!
外国産を買っても、向こうの人が、日本産を買ってくれないと、お金は回ってきません。
(←まぁ、金融の世界も企業の世界もグローバル化しているので、個人単位の行動がどれくらい効果があるかは疑問ではありますが、気持ちとしてはそうあって欲しいなと。)

|

2012/09/19

【投信;毎月のおこづかい】毎月分配型はもう古い、「定期売却」と言う方法

(長い表題付けちゃったから、何を書くつもりか分かっちゃいますねー。)

一時期流行った、投信信託の毎月分配型。
リーマンショック以降、泣いている人が多いと思います。
「毎月5万円くらいののお小遣いが入金されるけど、それ以上に、元本(基準価格)が下がっている」って。
しかも、この所、分配金額を下げてきている投信が増えています。
1万口当たり120円だったのが80円とか、そんな感じ。

今一部の証券会社では、投資信託の定期売却ができるようになっています。
分配金としてではなく、投資信託そのものの売却です。もちろん、証券会社に定期売却制度がなくても、自分で毎月しこしこと定期解約する、これもあり。


これ、「税金が変わります」・・・・・気づいた方は一流です。

繰越控除、配当控除、株式との通算などなど。(ま、リーマンショック以降は全体的に下がっているから関係ある人は少ないかも知れませんけど)それに、特定口座で自動的って方も多いでしょうし。

=====

元本割れ商品を手にしたことのない人が、初めて投信を買って、かつ、毎月の分配型を選ぶと、冒頭に書いたように、「毎月5万円くらいのお小遣いが入金されるけど、それ以上に、元本(基準価格)が下がっている」って状態がいとも簡単に起こります。
もともと、元本が減ることを知らないので、分配金の方にしか目が行かない。
結局、
「定期預金を取り崩す方が良かったじゃん」ってなことになる。

で、この流れで考えられるのが、「投信定期売却」
その時々の基準価格を元に、5万円なら5万円分を売却する。

 ●定期預金の安全性をとるか、
 ●投信のリスクリターンを許容できるかになってきます。

======

資産運用の観点では、「定期預金」「分配型投信」「投信定期売却」
いずれであっても、どうリターンが増えてどう取り崩すかという点では同等です。

ただ、それぞれに、「どんなリスクがあって、どんなリターンが期待できるか、そしてどんなコストが必要なのか」、これが分かっていないといけません。

販売会社(証券会社・銀行窓口)の観点で見てみれば、毎月分配型を売ることが目標になっている販売会社は、結構、辛いんじゃないかなぁと思ったりしています。
(暗に、毎月分配型はよほどのことが無い限り勧めていないという私の気持ちを分かって頂けたら幸いです♪)

|

2012/09/18

金地金(ゴールド)売買、200万円以上は税務署に調書

すでに始まっています。平成24年1月から。
「金地金等の譲渡の対価の支払調書 制度」の創設。
金やプラチナの取引において、200万円を越えるものは、本人確認義務と税務署への報告義務が取扱業者に課せられています。

こういう書類が税務署にやってくると担当者さんは何を見るのかなぁというと、
「あー金を売って、300万円受け取ったんだなぁ。いくらで手に入れたのかなぁ。親の代かなぁ。最近、金相場は上がっているしなぁ、昔に100万円で買っていたら、200万円の儲けだなぁ。儲けたんだったら所得税かけないといけないなぁ。」

と考えるわけです。
じゃあいくらの税金か?

ポイント(1)買った値段 

    ま、いつ買ったか分からない人も多いですよねー。でも、金の相場は
    調べれば相当古くてもわかります。まずはいつ買ったか、通帳で
    引き出していないかとか、そんな証拠があれば、とりあえずなんとか。

ポイント(2)譲渡所得の特別控除50万円 

    つまり、50万円までの儲けは税金かかりません。保険の満期金と
    よく似ていますね。

ポイント(3)所有期間5年ごえか未満か 

    これは、1/2できるかできないか? 長期5年越えなら、1/2できます。

    計算例) 
         売った値段 300万円
         買った値段 100万円  差額の儲け、200万円

        これから50万円引いて、5年ごえなら1/2。
         「75万円の譲渡所得」、これに税金がかかります。
        サラリーマンの大部分は10〜20%の税率なので、
           7.5万円〜15万円の所得税ですね。
        ※あと、経費も引けます。例えば金口座管理料がかかった
         とか、売却手数料がかかったとか。

(で、多額の住宅ローンを組んでいて控除の枠で引ききれない人は、戻ってきます。・・・そんなに無理にローン組んでいる人は最近は少ないかな?)

====
今、金はグラム4000円くらいでしょうか? 
200万円分というと、500gの地金くらいですね。100gの地金5本。
なら1本ずつばらばらに、別々の業者とか時期をずらして売却したら、、、、100g1本40万円くらいなら、200万円以下なので、当然、調書は出ません。
(業者から調書は出ませんので、「自分ですすんで」、税務署に申告!♪♪♪
 儲けたら、申告! 20万円以上儲けたら申告! 翌年3/15の確定申告!です、お忘れ無く♪)

|

2012/09/17

敬老の日:高齢者3000万人突破! 24.1%

敬老の日です。
65歳で高齢者というのは、どうにもこうにも、抵抗があるのですが・・・・私より、元気な人多いし。

 老後 → ロウゴ → ろーご → 65

年金65歳からだし、仕方ないっすね、65歳

さて、グラフです。
出典は、人口をカウントしている、総務省。総務省統計局から数値を取ってきました。
日本の人口は、1億2千万人を割り込んで既に人口減少時代に入っていますが、今年はついに「65歳以上、3000万人を突破」、しました。

Koureisyajinkou

今65歳の人が占める割合は24.1%! 約4人に一人です。
2050年くらいまで、ずっと上がり続けて、高齢者人口の割合は40%くらいまで行く予定になっています。
1.7〜1.8人に1人。

で、年金の話。少子高齢化に耐えられるか?
今の平均年金額が180万円(月15万円)とすると、単純な掛け算割り算をすると、将来108万円(月9万円)になる、はずですね。

現役世代が減って、給料も下がっているのに、貰う人の総額が増え続けられるわけがありません。逆に言うと、このレベルまでを覚悟しておけばいい?
でも心配ご無用、その前に、年金が破綻します! \(◎o◎)/ Wao

まぁ可能性が高そうなのは、軽減税率または低所得者給付導入と同時に、消費税をどんどん上げて30〜40%位にする、ってことでしょうか。(180万円貰って、4割消費税、良い線じゃないでしょうかねー。)

この問題の解決方法は、デフレ脱却です。つまりインフレ。
もし経済成長が平均2%で30年間成長できれば、1.02の30乗=1.8倍で、金額的には相殺されます。

高額年金所得者は、給付を少し減らして、それを出産一時金に回せば、子ども作る若者が増えると思うんですが・・・・年金の財源は、現役世代なんだからさー

|

2012/09/15

ユーロ急変、100→103円、一日で3円!

アメリカFOMCの声明、“QE3”、を織りこんでいたつもりだったのだけど・・・
1ユーロ100円うろちょろから、103円まで、
たった一日で、3円も上がるなんて(;_;)
   売らずに放っておけば良かった、買い建てユーロ。
   しかも早々に、売り建てにしちゃったし。。。
 
103円といえば、今年5月、4ヶ月前の水準です。
 アメリカだし、スペイン・ギリシャ問題もあるし、で、想定外でした。
 8月分の儲けが吹っ飛んでいったような・・・・

ところで、QE3、QE3と、毎度毎度ニュースに出ていて普通に見ていたのだけど、よく考えると何の略か分かりません。
調べてみたら「Quantitative Easing No.3」 
クオントがイージーになるということで、量的な金融緩和の第3弾のこと。
(私の英語力では、やっぱりよく分かりませんが・・・。)

FRBがMBS(住宅ローン担保証券)を月400億ドル、しばらく買い入れるとのこと。
・・・・全然日本語じゃないですねー

でも、月3兆円分くらいのドルが、市場にあふれるってことですね。
でもって、MBSに買い手が付く=MBSの価格がアップ=金利低下、すなわち、住宅金利が最も恩恵を受ける、はず?
こういう推測通りに、動かないところが難しい。

しかしまあ、日米欧ともにゼロ金利同様の低成長です。
日本はゼロ金利どころかデフレだし。

ECB(欧州)も国債を買い入れるし、これで日本も金融緩和すれば、それこそお金ジャブジャブ金余り、どこかでバブルが起きる、、、、かも?

|

2012/09/14

国税庁に報告義務:海外資産5000万円以上の人

昨日は50円(キャベツ1キロ)の話でしたが、今日は、5000万円の話。
桁がいくつ違うんだろう・・・・6桁であってる?

毎年年末時点で、5000万円以上の海外資産を持つ人は、届出が必要になりました、というか、なります。
いつからか? たぶん、平成25年末の時点から。


国税庁HPより
 居住者は、その年の12 月31 日においてその価額の合計額が
5,000万円を超える国外財産を有する場合には、その国外財産の
種類、数量及び価額その他必要な事項を記載した調書(以下「国外
財産調書」といいます。)を、その年の翌年3月15日までに、所轄
税務署長に提出しなければならない。
  この改正は、平成26年1月1日以後に提出すべき国外財産調書に
ついて適用される。


うーんと、税務署の文書というのは、いつもよく分からないところがあるのだけど、
平成26年3月15日に提出しなければならない「海外財産調書」は、平成25年の年末の財産。

だから平成25年末時点で判断・・・これであっているよね。

========

すでにこの報告義務化はあちこちで聞くようになっています。
先日、電車に乗ったら隣のおっちゃん二人がそんな話をしていてびっくりしました。

で、あちこちHPとかを見ていると、「国税庁に知られたくないから『日本に引き揚げる』」、なんていう人が出てきているらしいです。

10年ほど前に、ベトナムの定期預金金利が20%だった頃、日本から1000万円だか2000万円だか持っていって預金していた人がいました。(←国外への持参は、持ち出しますと書類を出せば持ち出せます)。
で、その後どうなったのだろう? 近所にお住まいなのだけど、「どうなりました?」とか聞けないし。

お金を送金すると、調書出ますよ、と言ったのだけど、増えたお金はむこうで投資するつもりとか、おしゃっていました。
ま、こういうお金を国税庁は把握したいということですな。

残念ながら、私のお客様の中でいままでこれに該当される方はおりません。
だからこうやって皆様に、、、、、皆様もほとんど関係ないですよね〜(^_^;) すみません

|

2012/09/13

白菜、キャベツ、豊作で出荷制限

例年なら、1キロ 50円が、今年は20円。半値以下、こういうレベルらしい。

もしサラリーマンが給料日の前の日に、
「今月の給料は、50万じゃなく20万ね」と社長から言われたらとんでもないことになるのが、そう言う意味では、農家は大変だ。
もちろん、キャベツだけ白菜だけと作っている訳じゃないだろうけど、大変だ。

米の個別補償制度、この制度はあまり感心しないが、こういう天候に左右される部分ってのは何とかならんのだろうか、といつも思う。

日本製ということで、海外に出荷しづらいらしい。
漬け物0157問題で、白菜が余り気味らしい。


今回も対策は、日本政策金融公庫の「農林漁業セーフティネット資金」からの融資。
HPを見ると、0.4〜0.85% 最大融資額は一般で600万円、期間は最長10年間。
金融公庫がやっているので仕方がないのだけど、これも『借金させてやるから頑張れ!』という政策。

-----

ただ田舎にいると、「俺は俺、お前はお前。よけいな口出しするな」的発言は頻繁に耳にする。悪く言えば、みんなエゴの固まりだ。
良く言えば、「俺は俺で一番の野菜を作るんだ!」この気持ちが非常に優良な野菜を作ってきた、とも言える。

優秀な野菜の意味が少し違う。
出荷基準で「優良」という基準。つまり、まっすぐな胡瓜、大きさや粒が均一、傷が少ない。消費者がそのような商品を優良としてきたためだ。
TPPで安い野菜が入ってくればイチコロ。

本当に優秀な野菜って何なのだろう? 
残念ながら、私の身近には大規模農家がいない。ほとんどが兼業農家だ。
雪で覆われて作物が作れないということも知らないし、その間出稼ぎに行くという人も身近にはいない。

農家の所得という面の本当の気持ちを聞いてみたい。

強い農業、、、、農業に限らず、漁業も林業も、強い一次産業は、かけ声だけでは強くなれない。

-----

「安売りしてた、キュウリ。またもふにゃふにゃ」

冷蔵庫に1週間も入っていたらそりゃフニャフニャにもなりますわな。5本も買いすぎです。
毎年毎年、同じ失敗をしていて、全然学習能力がありません。(ってか、夏場の方が早くないですか?)

水不足で野菜高騰! よりは、やはり安い方が嬉しいのだけど、なぜか、心が痛いです。

|

2012/09/12

京都学園が右京区にやってくる、らしい

京都市市営地下鉄の「太秦天神川駅」、うちから歩いて15分なのですが、この向こう側に山之内浄水場という古い浄水場があります。これが来年25年に閉鎖になり、跡地をどうするか話題になっていました。
京都市は説明会とか入札とかいろいろしていたようですが、ついに決まりました。
学校法人、京都学園大学(亀岡市)がやって来ます。(←市民しんぶん見た方はご存じですね♪)

高校はすでに右京区花園にあるのですが、今度、大学の太秦キャンパスを作るようです、数年後でしょうか?

「安くてコストパフォーマンスの良い飯屋が出来ればいいなぁ」
なんて思っている私です。

======

その昔、京都市内の有名大学、同志社大学が京都南部の京田辺市にキャンパスを作りました。20年くらい前だったでしょうか。回りはまだまだ田んぼの多い地域。
その時、この地域では、学生向けの下宿アパートがたくさん出来ました。

で、数年後、オーナーの皆さんは、アパートの空室に悩みました。
学生が思ったほどやってこないのです。

当時は、1〜2年生が南のキャンパス、3〜4年生は京都市内のキャンパスというカリキュラムで、将来を見越して皆さん京都市内で下宿先を探したらしい。(今はどうなっているのか知りませんm(_ _)m)
それに、バイト先が京都市の方が多い、サークルも拠点は京都市内。
こんな理由もあったようです。

=====

この近くのJR学研都市線(片町線)沿いで、アパートを建て替えるという方がお見えでした。当時私はまだFPの仕事はしていませんでしたが、親の仕事でいらしていたのです。

 「大学ができて若い人が増えそうだし、そう言う人向けに建て替えようかと
  思っているんですが…」
 
 「何と言っても大阪に一本で行けますからね。松井山手(←こういう名の駅です)
  が急速に発展してますし、あまり学生主体にしない方が良いと思いますけど」

 (※地理的条件はもとより、この大学に来る親の層ってものがありますしね)
 
不動産賃貸は、難しいんだなぁと思った出来事でした。

=====
今から数年経つと
  美味い食堂できるかなぁ、マンションとかできるのかなぁ。
しかし、地下鉄には便利だけど、JRには微妙に不便だし、阪急なんて論外だし。
どんな人の流れができるのか今から楽しみです。

 

|

2012/09/11

万引きの現場検証

燦々と照りつける太陽でこの所、「巣ごもり」していましたが、やっと少しは動ける気温になってきました。自転車でお買い物も素直にできます。

ここしばらくは歩いて5分のスーパーライフを日陰を選りながらお買い物していたのですが、少し遠い所にあるイオンには行っていないなぁと自転車15分の大型スーパーへ久しぶりに行ってきました。

食料品売り場に入ったのですが、なんだか雰囲気が違います。
一角だけがなんだか変な空気に包まれています。
 「久しぶりだからかな? この違和感は」 と思ったのですが違いました。

何が違うんだろうと良く回りを見回したら、変な人がいます。
背中に「京都府警」の文字がデカデカ書かれているベストを着た警察官が二人、それと、たぶん現場主任か課長と思われる人、それに、“普通の主婦”さん、年の頃は30代後半という感じの女性。

陳列棚を指さしては、写真を一枚。少し移動して別の所を指さしてもう一枚。
(ちなみに、2〜3万円くらいのデジカメ、やっぱり備品のシールが貼ってあるんだろうか?とか思った)

お客さん達は、2mほど遠巻きにしながら、お買い物されてます。

=====

「万引き被害、都内推定、数百億円」なんていう記事を昔見たことがありますが、そういうニュースより、こういう現場検証? を見る方がはるかに強烈です。
衆人の中でやるというのは、ある意味、相当な抑止効果があるように思います。

最近の中学生高校生の中には、万引きは犯罪じゃないと思っている子どもも多いそうですから、警察官も(近頃は大事件が多くて大変でしょうけど、)こういう小さな犯罪をしっかり取り締まるのも大事かな、と思いました。


|

2012/09/10

国会閉会! 公務員の年金と退職金の法案はどうなった?

【追記2012.11.19】
 
「退職金水準見直し法案」
 
衆議院・参議院ともにHPが更新されていました。
 衆参ともに11/16に駆け込み可決しています!!


【追記2012.11.16】
  第181回臨時国会(←野田首相が解散した国会)では

  「国家公務員の退職給付の給付水準の見直し等のための
   国家公務員退職手当法等の一部を改正する法律案

  衆議院委員会に11/2付けで付託されましたが、それで
  終わったみたいです。国会審議もなし

===(以下の文章は9/10記載)========================

平成24年の第180回通常国会が、閉会しました。
で、私が気になる国家公務員のお給料関係の法案

 ●国家公務員退職手当法(←退職金400万円下げるってやつ)
 ●被用者年金の一元化法案(←共済年金を厚生年金に組み込むってやつ)

まず、退職金!

公務員の場合は退職手当と呼ぶようですが、これ、衆議院のHPを見ても、参議院のHPを見ても、提出されてません。 「国家公務員退職手当法 改正案」 ってのがあると思ったのですが見あたらない。
  ・・・・俺の探し方が悪いのか?

どうも閣議決定だけで法案提出には至らなかったようです。(そりゃ本人達は代表戦でお忙しいですし)

=====
次に年金の方。

「被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法等の一部を改正する法律案」
こちらは、衆議院 6/26修正 参議院 8/10可決、で通っています。

ポイントは、
国家公務員共済組合連合会、
地方公務員共済組合連合会、
日本私立学校振興・共済事業団等
の名前が変わるだけ(^_^;)・・・嘘ですよ

本当のポイントは、

 「遺族給付の転給制度、職域加算額等を廃止」です。
  厚生年金と合わせるのですね。

一部を除き、平成二十七年十月一日から施行する。(一部って何だ?)

でもう一つ、大きなポイントは、「職域加算の扱い」です。
 「職域加算額の廃止と同時に新たな年金制度を設ける」
 「平成二十四年中に検討を行い、その結果に基づいて、
  別に法律で定めるところにより、必要な措置を講ずる」

結局、職域加算が無くなるのか無くならないのかよく分からないですね〜
ちなみに職域加算がどれくらいかというと、普通の公務員が退職した時には、月2万円程度であります。

【追記 2012.9.12】
在職老齢年金の基準額(年金を貰いながら払うときに給料がカットされる基準額)は、月35万円になるのでしょうか? 誰か教えてくださーい。
  共済年金:月48万円→35万円を越えればカット(厳格化)
  厚生年金:月28万円→35万円  〃     (緩和)
に共通化?

【追記 2012.10.30】
上記の追記を削除しました。
公務員も在職老齢年金の基準額(年金+給料)は月28万円の厚生年金と同じ基準になります。35万円はすでに年金を貰っている人は大きくカットされるようになるため、その緩和措置として、35万円以下にはならないようにするということでありました。

 例:)年金20万+給料20万円の場合
  
 これまでは46万円基準だったので、合計40万円はカットなし、丸々40万円の収入。
   今度から、28万円基準になって、12万円オーバーで6万カット
    本来なら40-6=34万円になるはずが、35万円を下限とするということ。
   (ただし、これはすでに年金20万+給料20万円で働いている人の緩和措置)

 これ再任用・再雇用で働くつもりの公務員にとっては厳しい改正ですね
 厚生年金の人は昔からそうなっておりますが。

|

2012/09/07

年金不正受給問題1700人支給停止(ミイラ遺体に年金は2年前)

東京都足立区でミイラ化した遺体にも年金が、というニュースがありました。
古いニュースですね、2010年7月のこと。
もっと大昔だと思いましたが、意外と最近です。

  “私の年金が少ないのは、こういうことがあるせいだ!”
    ・・・ なんて思っている方も多いんじゃないでしょうか?

昨日、日テレニュースを見ていたら報道されていました。

 『後期高齢者医療保険を1年間使っていない人 34万人 を調査して
  生存が確認できない約1700人、年金受給者の支給を停止 』


昨年の900人分も含んでいるのか含んでいないのかわかりませんが、
  1700人は多い?少ない?

【過去記事】
 ●約900人、年金差し止め(不正受給)(2011/08/10)

老齢年金を受給できる人の推移をグラフにしました。(出典は 厚生労働省年金局 年金財政HP 
www.mhlw.go.jp/topics/nenkin/zaisei/)

Nennkin_jyukyuusyasuu

受給権者は単純足し算で4000万人、しかし、この中には、重複して受給している人がいます。(私の親父は、公務員定年退職の後、民間に数年間勤めたので、共済年金の他にわずかな厚生年金がありました。)

重複分を除いて、概算で年金を貰っている人が、3000万人いるとして、そのうちの1700人。

比率で言えば、桁をずらせば、3万人で1.7人ということですから、
「私の実家の田舎町とその隣の町とその隣の町を合わせて、一人か二人いるかも」。
という数字ですね。

1700人が多いか少ないか、私の印象は、意外と少なかったな、という感じです。
それよりむしろ、後期高齢者保険を使っていない人が34万人もいるということでありました。(←実家の町の人口の4倍)

|

2012/09/06

自治体のローン

最近の銀行さんは、個人相手のリテールが増えていて、相当金利も審査も楽になっているようですが、一方で、「自治体と提携しているローン」というものがあります。
京都だと、こんな感じ。

<京都府>
 【教育資金】
  京都府 教育資金 特別融資制度

 【住宅資金】
  京都府 住宅改良資金融資(一般)
  京都府 住宅建設資金融資(府内産木材使用住宅)
        〃     (府地域優良木造住宅)
        〃     (府建設)

 【生活資金】
  京都府 育児休業資金 特別融資制度
  京都府 在宅介護支援対策資金 特別融資制度
  京都府 不況・災害応急生活資金 特別融資制度
  京都府 再就職対策 資金特別融資制度
  京都府 高齢退職者 生活資金特別融資制度
  京都府 一般生活資金特別融資制度

<京都市>

 【生活資金】
  京都市 高齢退職者 生活資金特別融資制度
  京都市 一般 生活資金特別融資


保証人が必要なものもあれば必要でないものもあります。名称から想像できそうですが、対象者が決まっているものも多いです。もちろん借入額や返済期間の制限もあります。
======

あまり利用しましたというのを聞かないのですが、使い勝手が悪かったり条件が悪かったりするのでしょうか?
とりあえず、情報のみ、というか、私の備忘録。

|

2012/09/05

高年齢者雇用安定法改正案が成立

年金の2013年問題、すなわち、60歳定年だと1年間無収入期間ができるという問題への対応ため、企業に雇用を義務づける法案が「高年齢者雇用安定法改正案」。
先週29日、参議院にて可決成立しました。

(・・・よかったよかった・・・流れちゃうんじゃないかと思っていたから)

原則、年金が貰えるようになるまでは雇用が「義務づけ」られます。
現在は、労使で一定基準(不良社員の基準)があれば雇用を認めないこともできるのですがこれが「厳格化」されるのです。

========

・・・今、おかしいところに気がつきました?
    「義務づけ」なのに「厳格化」なのです。

企業側の抵抗が強かったみたいです。
病弱で休みがち有給休暇も足りなくて毎年欠勤もある、こんな社員まで認めたくない(←たぶん他のパターンもあるのでしょうが)。こういう人は排除したいという企業の意向。
故意に休みがちは論外として、定期的にガンの治療とか、精神疾患とか、そういう病気で欠勤に至る方も決して少なくありません。

結局、国の労働政策審議会で「勤務態度や心身の健康状態」の指針を作ることになりました。だからこの部分については問題先送りです。
これから骨抜きになるかどうか、これは分からないですが、私はこの法案はかなり有効になると思います。

だって国(厚労省の諮問機関)が変な指針を作るわけにはいかないし、企業側も原則雇用義務づけだから、無理矢理「お前はこの不良社員の指針に合致している」ように仕向けるのは面倒くさい。
私が経営者だったら「全員雇用です、でも原資は限られていますので給料下げますね」、こういう話に持っていきます。。。。その方が楽ですから。
それか、いわゆる「肩たたき」。

========

年金貰えるまで、無収入の人が減る!
これ大事なことです。ですから私は評価したい。

退職金で住宅ローンを完済したら、貯金ゼロ。こういう人は少数派かもしれませんが現実にいらっしゃいます。
両親の介護でお金を使い果たした、こういう人もいらっしゃるでしょう。
だから大事なのです。

問題は、健康状態その他の理由で、指針に入って雇用されなかった人、です。
障害年金には該当せず、労災保険にも無関係、という方をどうするか。
企業に責任を押しつけるわけにはいきませんが、こちらの救済(←救済という言葉はなんだか変ですね)をどうするか、同じ厚労省として考えて貰えれば嬉しいんですが・・・・

若年者の雇用対策は、それなりにやっておられるようですが、今後は、こういう方々の雇用対策ってのも仕事になってきますよ、とハローワークの方に言っておきたいです。

とりあえず、原則、雇用義務づけ法案が通ったということで・・・もはや企業任せ国任せではいられません。

 「1年早く辞めても大丈夫でしょうか?」とか

 「給料半分になるけど、やっぱり働いた方が得なんですね」とか

こういう話はよくあります。
辞めるにせよ辞めないにせよ、【お金と時間を有効に使う】ためには、自分自身のライフプランをしっかり考えないとダメなような気がします、ョ。

 

|

2012/09/04

厚生年金保険料 値上げ、毎月数百円から1000円くらい

毎年の秋の恒例行事、年金保険料値上げ! です。平成29年まで続く予定。
毎年0.354%ずつ上がるので、給料10万円あたり354円。(これの労使折半)

(折半後の値上額は?)
20万の給料なら354円、40万円の給料で708円、60万円の給料で1062円、の値上げです。年間にすると1万円くらい、飲み代2回分くらい節約です(;_;)

全体だと、16.766%の折半なので
40万円の給料で毎月34,370円の保険料、であります。
正確な各々の給料額に対する保険料額は、年金機構のHP(www.nenkin.go.jp)に出ています。

========
給料の2割は消えていく!
   約8%は年金に
    5%は健康保険に
 3〜10%は所得税・住民税
 
給料の2割は蒸発する! 覚えておくと、便利です。
むかつく人も多いかも知れませんが・・・・
(   ↑
   大事なのはどう使われ社会にどう役立っているのかを考えることであって
   単にむかついているだけではダメですよ)

|

2012/09/03

復興記念硬貨。金貨(1万円)と銀貨(千円)

 復興記念硬貨が発行されます。金貨(1万円)と銀貨(千円)。ただし発行されるのは若干、先の2015年。
 先日、1〜3次発行分の計6種類の図案が公表されました。公募募集の図案だそうです。
 全部で4回発行ですから、もう2種類追加されるのでしょう。
 
 この貨幣、復興応援国債を買ってももらえます。
今年国債を買って、3年以上保有すると、1000万円ごとに金貨1枚、100万円ごとに銀貨1枚。

 全体の利率で見るとあまりお得じゃないですが、復興を支援する国債・忘れないための記念品、という価値は十分あると思います。(ただどこにどう使われるのかはっきり見えないのが悔しいですね。例えば、この橋は俺のお金でできている!、なんて思えればかなり嬉しくなれると思うのですけど)
 

|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »