« ユーロ急変、100→103円、一日で3円! | トップページ | 金地金(ゴールド)売買、200万円以上は税務署に調書 »

2012/09/17

敬老の日:高齢者3000万人突破! 24.1%

敬老の日です。
65歳で高齢者というのは、どうにもこうにも、抵抗があるのですが・・・・私より、元気な人多いし。

 老後 → ロウゴ → ろーご → 65

年金65歳からだし、仕方ないっすね、65歳

さて、グラフです。
出典は、人口をカウントしている、総務省。総務省統計局から数値を取ってきました。
日本の人口は、1億2千万人を割り込んで既に人口減少時代に入っていますが、今年はついに「65歳以上、3000万人を突破」、しました。

Koureisyajinkou

今65歳の人が占める割合は24.1%! 約4人に一人です。
2050年くらいまで、ずっと上がり続けて、高齢者人口の割合は40%くらいまで行く予定になっています。
1.7〜1.8人に1人。

で、年金の話。少子高齢化に耐えられるか?
今の平均年金額が180万円(月15万円)とすると、単純な掛け算割り算をすると、将来108万円(月9万円)になる、はずですね。

現役世代が減って、給料も下がっているのに、貰う人の総額が増え続けられるわけがありません。逆に言うと、このレベルまでを覚悟しておけばいい?
でも心配ご無用、その前に、年金が破綻します! \(◎o◎)/ Wao

まぁ可能性が高そうなのは、軽減税率または低所得者給付導入と同時に、消費税をどんどん上げて30〜40%位にする、ってことでしょうか。(180万円貰って、4割消費税、良い線じゃないでしょうかねー。)

この問題の解決方法は、デフレ脱却です。つまりインフレ。
もし経済成長が平均2%で30年間成長できれば、1.02の30乗=1.8倍で、金額的には相殺されます。

高額年金所得者は、給付を少し減らして、それを出産一時金に回せば、子ども作る若者が増えると思うんですが・・・・年金の財源は、現役世代なんだからさー

|

« ユーロ急変、100→103円、一日で3円! | トップページ | 金地金(ゴールド)売買、200万円以上は税務署に調書 »

FP-年金・老後」カテゴリの記事