« 自治体のローン | トップページ | 国会閉会! 公務員の年金と退職金の法案はどうなった? »

2012/09/07

年金不正受給問題1700人支給停止(ミイラ遺体に年金は2年前)

東京都足立区でミイラ化した遺体にも年金が、というニュースがありました。
古いニュースですね、2010年7月のこと。
もっと大昔だと思いましたが、意外と最近です。

  “私の年金が少ないのは、こういうことがあるせいだ!”
    ・・・ なんて思っている方も多いんじゃないでしょうか?

昨日、日テレニュースを見ていたら報道されていました。

 『後期高齢者医療保険を1年間使っていない人 34万人 を調査して
  生存が確認できない約1700人、年金受給者の支給を停止 』


昨年の900人分も含んでいるのか含んでいないのかわかりませんが、
  1700人は多い?少ない?

【過去記事】
 ●約900人、年金差し止め(不正受給)(2011/08/10)

老齢年金を受給できる人の推移をグラフにしました。(出典は 厚生労働省年金局 年金財政HP 
www.mhlw.go.jp/topics/nenkin/zaisei/)

Nennkin_jyukyuusyasuu

受給権者は単純足し算で4000万人、しかし、この中には、重複して受給している人がいます。(私の親父は、公務員定年退職の後、民間に数年間勤めたので、共済年金の他にわずかな厚生年金がありました。)

重複分を除いて、概算で年金を貰っている人が、3000万人いるとして、そのうちの1700人。

比率で言えば、桁をずらせば、3万人で1.7人ということですから、
「私の実家の田舎町とその隣の町とその隣の町を合わせて、一人か二人いるかも」。
という数字ですね。

1700人が多いか少ないか、私の印象は、意外と少なかったな、という感じです。
それよりむしろ、後期高齢者保険を使っていない人が34万人もいるということでありました。(←実家の町の人口の4倍)

|

« 自治体のローン | トップページ | 国会閉会! 公務員の年金と退職金の法案はどうなった? »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事