« 住宅ローン:繰上返済は慌てるな(低金利の今だから) | トップページ | 中小企業、苦しさ増す。8/末は消費税納税期限 »

2012/08/27

人口減少時代に求められること(死亡数・出生数・出生率の推移)

人口減少時代に入り、死亡数が出生数を上回るようになって、すでに5〜6年経ってしまいました。人口を維持するためには出生率が2.1くらいが必要らしいですが、今は1.4を少し割っています。

民主党政権になれば、子育てしやすい社会が来るのか?、と期待していたのですが現実はなかなか難しいようであります。


Shiboushussei
   (グラフの出典データ:「総務省厚労省 人口動態統計」より作成)

私の親は6人兄弟、私は2人姉弟、そして今は一人っ子世代。
これから人口が減るので、ますます、空き家・空き店舗が増えます!
空き店舗を埋めるのは、コンビニか接骨院かあるいは訪問看護ステーション、というのが今の時代のトレンドなのかなと思うのですが、これからこれが加速するし、それでは埋まらなくなってきます。

空き家・空き店舗がこれから増えるというのに、まだまだ高層マンションが出来て、住宅開発がおこなわれているのはどういう事でしょう?

マーケットが小さくなるので、売上げはもはや伸びないし、儲けは出ません。
 “だから、給料は上がらない!”  こういう時代になってきます。

少子高齢化! 政治の世界ではこれから、「社会保障に関する国民会議」においていろいろな社会保障の話が出るのだとは思いますが、話は、年金に関することと医療に関する話が中心になることは確実です。

“少子高齢化”、この言葉を知らない人はいないと思うのですが、年金・医療の抜本改革が出来ない上に、少子化対策も改革できない。ましてや、減っていく人口を補うために、海外からの労働者や移住者をなんて話になるとはとても思えません。

=====

人口減少がいけないことか?と考えればそんなことはなさそうです。ただ、今までと同じようには行きませんよ、ってことでしょう。

一人っ子政策を続けていた中国の高齢化が急速に進むそうです。韓国も相当進むらしいです。
高齢化率ナンバー1の日本が、どんなモデルを作れるのか? 日本人の力量が問われる時代だと思います。少なくとも、つまらない論争をしている場合じゃありません。

 ●人の優しさには、金は必要ない!
 ●人生の充実は、収入では計れない!

これをみんなが自覚しないと良くなりません、おそらく、たぶん、絶対です。そう言う視点で注意深く周りを見回すとすでに実践している人は大勢いることに気づきます。少なくとも国内だけを見れば、縮小経済なのですから。

じゃあ、「お金」の次には何が求められるか?
私は、「品格と教養」ではないかと思っているのですが、どうでしょうか。
・・・・というわけで私も日々勉強であります。

「武士は食わねど高楊枝」、これがやせ我慢の意味から転じて、品格を重んじる意味に使われるようになっているかどうか、20年後が少し楽しみです。

|

« 住宅ローン:繰上返済は慌てるな(低金利の今だから) | トップページ | 中小企業、苦しさ増す。8/末は消費税納税期限 »

FP総合」カテゴリの記事